Call of Duty®: Warzone™リバースレインフォースガイド — Beenox提供

Call of Duty®: Black Ops Cold WarとWarzone™でAlcatrazを元に新たにRebirth Islandを作り上げてコミュニティの声に耳を傾けた後、開発を手掛けたBeenoxはシーズン2リローデッドの期間中に「リバースレインフォース」をはじめとする最大級のアップデートのリリースを用意しました。

  • マップ情報
  • シーズン2

Call of Duty®: Warzone™リバースレインフォースガイド — Beenox提供

Call of Duty®: Black Ops Cold WarとWarzone™でAlcatrazを元に新たにRebirth Islandを作り上げてコミュニティの声に耳を傾けた後、開発を手掛けたBeenoxはシーズン2リローデッドの期間中に「リバースレインフォース」をはじめとする最大級のアップデートのリリースを用意しました。

  • マップ情報
  • シーズン2

リバースレインフォース — Beenox提供のアップデート

リメイク、刷新、強化。元を辿ればおよそ10年前に登場したRebirth IslandがWarzoneCall of Duty®: Vanguardのシーズン2リローデッドで戻ってきます。Raven Softwareの協力でBeenoxが開発を手掛けた、ハイペースなWarzoneがお楽しみいただけます。

明日、Rebirth Islandには過去最大級のアップデートが登場します。複数の重要地点の変化とともに、新たなライティングの向上や大量のXPと追加アイテムが報酬として獲得できるイベントなど、リバースレインフォースではこのマップの歴史を祝して、プレイヤーに新たな体験を提供します。

これは内外から1年にわたり寄せられたフィードバックをもとに設計されています。BeenoxのクリエイティブディレクターであるEtienne Pouliotは次のように語りました。

「私達はコミュニティの皆さんと共にWarzoneを日々プレイしており、より良い体験を生み出すために常に挑戦を続けています。」「RESURGENCE SOLOS、マップに追加した武器交換ステーション、そしてWarzoneの全プレイヤーに新たな戦況をもたらすあらゆる変化に対する皆さんの反応を見るのが待ち切れません。 新旧両方のプレイヤーにRebirth Islandの秘密の全てを再発見して、この素晴らしいマップを楽しんでもらいたいと思います!」

アルカトラズからリバースレインフォースまで: Rebirth Islandの軌跡

ペルセウスとBlack Ops Cold Warの物語より前に(あるいは実質、その物語が終わり長い時を経て後を追う形で)、TreyarchはCall of Duty®: Black Ops IIで2013年4月16日にリリースされ、熱狂的なファンが存在するゾンビ体験である「MOB OF THE DEAD」とともに、元となったこの孤島の刑務所を登場させました。

そのマップはAlcatrazとして知られるようになり、2018年のCall of Duty®: Black Ops 4のローンチ時に「BLOOD OF THE DEAD」で復活しました。これはMOBの物語をさらに大規模なものへとつなげた続編となります。Black Ops 4ではさらに、BlackoutでCall of Dutyが初めてBATTLE ROYALEのジャンルに進出しました。その中で、2019年4月2日に、メインとなるBlackoutマップの代わりとなる、より密度の高い小規模なロビーとしてAlcatrazがリリースされました。

そして1年もたたないうちにWarzoneに登場しました。

5000万人ものプレイヤーが最初の月に参戦し、このゲームの成功を分かち合った全スタジオが、共にその後数年にわたる発展の様子を見届けました。

「Warzoneを手掛ける中、Beenoxには新アップデート版でBlackoutからAlcatrazを復活させて、ハイペースで楽しめるプレイ体験を作り出すミッションがありました。」とPouliotは語りました。「私達はRebirth Islandとその全モードの開発を主導しました。そしてWarzoneで他のスタジオと共同でこのマップを開発し、品質の水準を満たしつつ受け取ったフィードバックを反映して、新Rebirth IslandがコンソールとPCにおいて極めて質の高い体験となるよう心がけました。」

Call of Duty®Call of Duty®: Modern Warfare®から次のBlack Opsタイトルへと移行する中、Pouliotが思い返すのは、Beenoxが頻繁にTreyarchと協力して「初期マップの本質とAlcatrazの魅力の全て」が引き続きこの新バージョンでも体感できるようにしたことでした。

「このマップはWarzoneのプレイヤー体験の全指標を重視して設計する必要がありました。そして新旧のプレイヤーが共にプレイできる新エリアとなるように、このマップには新たな風を存分に取り入れています。」と彼は語りました。

設計や実装、そしてテストの工程を通じて、Beenoxはかなり多岐にわたる戦闘の機会を提供しつつ、マップの規模と密度に重きを置きました。

「プレイヤーが徒歩と車両で移動した際に違和感を覚えないように、多くの物を詰め込みすぎないようにしたかったのです。」と彼は語りました。「様々なマップの部分で異なる種類の銃撃戦が発生します。これがプレイヤーがRebirth IslandとRESURGENCEを好む理由の一端だと思います。CODプレイヤーのそれぞれのタイプに合った戦い方が見つかるでしょう。」

Black Ops Cold Warのシーズン1からVanguardの2つ目のシーズンまで、Rebirth Islandには数百万ものオペレーターが参戦してきました。DESTRUCTION OF VERDANSKの期間中には一息つける場所となり、Verdansk ’84とCalderaの橋渡しとなり、最新のIron Trialsの開催地となり、コミュニティのHIDE & SEEKトーナメントの目的地にもなりました。

当時BeenoxはコミュニティからRebirth Islandの体験に関する報告を受けてアップデートを行いつつ、一方でCall of DutyのPC版やその他のプロジェクトのメイン開発スタジオとして動いていました。

「私達はコミュニティからのフィードバックに耳を傾けました。」とPouliotは語りました。「そしてリバースレインフォースでマップの一部区画に関して再度検討を行い、さらなるプレイのシチュエーションを導入し、プレイヤーが行動をより深く掘り下げられる余地を加えました。」

重要地点アップデート: Stronghold(旧Security Area)強化

フィードバックを受けた主なエリアの一つで、過去にSecurity Areaとして知られていた重要地点がありました。

「この重要地点は旧Rebirth Islandの中でも一番人気がない場所の一つだったため、新たにこのエリアに新鮮な空気を取り入れ、マップ中の他の戦闘区域とともに、より交戦の機会に溢れた地としてプレイヤーにお届けしたかったのです。」とPouliotは語りました。「特にそのエリアでマッチが終わりを迎える際に、新しい建物や建造物が戦闘にさらなる複雑さを加えてくれます。」

依然としてマップの一番下に位置する重要地点であるこのエリアは今やStrongholdとして知られ、拡張された検問ゲート、新たなレーダー基地、再配置バルーンが存在します。これらの追加要素は高低差や、より優位に立つための動き、接近戦、探索の機会を提供してくれます。

島の主要道路からStrongholdへの主なアクセスポイントとして、検問所の建物を通ることになります。そこには出来上がった2つのブースや、料金所の上の通路で繋がっている一対の2階建ての建物、繋がったガレージがあります。

建物の屋根に加えて、通りの各サイドにある料金所の上の建物の通路に窓が複数あり、これが遮蔽として機能しつつ、高い位置からStrongholdを見下ろすこともできます。検問所の建物そのものは、その狭い廊下と部屋の構造によって接近戦が発生しやすくなっています。そこはアイテムを手に入れたり、この場所やガレージ内にスポーンする可能性があるサプライボックスを見つけるのに適した場所にもなっています。

この検問所のゲートを通り過ぎると、新たな別の建物となるレーダー基地があります。円形のコンクリートのプラットフォーム上にそびえ立っていた通信塔と置き換わったこの建物には、地上階に複数の入り口が存在し、外側には屋根まで繋がる金属の階段があります。

建物内には狭い通路や、サプライボックスやアイテムがある複数の部屋、2階へと続く階段があります。ここでは、アイテムを手に入れるチャンスが多く、破壊可能な一部の窓からStrongholdを見渡すことができ、円形のレーダー制御室につながるハシゴがあります。

この計画はリスクを伴いますが、このレーダー室はLiving Quartersエリアからマップ中央に向かう敵を狙撃するのに適した場所となるかもしれません。Strongholdに存在する他のどの建物よりも高い場所に位置するため、少なくとも(あまり知られていなくとも)強力なポジションと見なすことができます。

そして、もしサークル縮小が迫った時は、再配置バルーンが建物のすぐ外にあります。再配置バルーンはこの島の多数の新要素の内の一つです。迅速に退避する手段として利用しましょう。

重要地点アップデート: FactoryのDocksとShip

Rebirth Islandをローンチした後、Beenoxは欠けているものに気付きました。

「この島には船がなかったのです!それではつじつまが合いませんでした。彼ら(ペルセウス)は島で物資を入手する必要があります。そしてこの新たな重要地点の登場により、物資を漁って周辺エリアで他の敵と戦うための準備を整える新たな可能性が生まれました。」とPouliotは語りました。

これらの新しい船の1つは、Control Centerの横に位置するDock(Shoreの新しい呼び名)で見つけられます。新たなコンクリートのプラットフォームによって、旧ヘリパッドのドックが島の一部の胸壁の下にある別の場所へとつながっています。その間には新たな船上の渡り板、クレーン、輸送コンテナ、建設資材があります。

この補給船には開けたメインデッキ、より海面に近い一部アクセス可能な補給エリア、拡張された宿泊区画、マスト2本(登ることができるフォアマストとミズンマスト)が存在します。

アイテムやサプライボックスは、大抵は監視地点として機能するマストの上を除き、船の至る所に落ちていることが多いです。Docksに関しては、マストの高さはControl Centerの頂上とほぼ同じになります。 

似た船が存在するNova 6 Factoryでは、建物の屋根はほぼ完全にマストの頂点と並ぶ形になっています。

両方の船は海に浮かんでいるため自然と位置が低くなっていますが、それをマストの高さで補っています。この位置まで辿り着く前に、身を守るものが無い側からマストを登ることの危険性を理解しておきましょう。そうでなければ海岸にいる敵に簡単にやられてしまいます。

さらに危険な海の存在により船との行き来が制限されるため、これらはハイリスク・ハイリターンなエリアと見なされています。特にリバースレインフォースイベントを通じてより多くの機能が追加されているので、この新しい船はアイテムを拾い、サプライボックスを開け、位置によっては他のスクアッドが避けることがある契約に挑んで、ロードアウトを組み立てるのに非常に強力な場所となります。

これらの船を避けるとしても、スクアッドが1部隊や2部隊ほどControl CenterやFactory付近に降下しそうだということがわかれば、自分のスクアッドの戦略を変更してRebirth Islandの沿岸付近へ向かうことになるでしょう。

重要地点アップデート: Prison Courtyard

Rebirth Islandに実装されたその他の主な変更点として、Prison Courtyardの再建が挙げられます。

以前は、このエリアは開けた一帯で遮蔽物が無く、それを取り囲む壁の上でさえも危険な場所とみなされていたかもしれません。

リバースレインフォースとともに、現在Courtyard内には遮蔽物や緑のテントが配置され、再強化された壁には守衛所があり、塗り替えられた給水塔を取り巻く通路が存在します。この通路により、悪名高いこの建造物の最下部に対してプラットフォームの高さが加わり、コンクリートの歩道を利用して刑務所の階段エリアとつなげる役割も果たします。

これらはこのエリアへ追加された要素のほんの一部であり、オペレーターは新しいジャンプ場所、ハシゴ、ちょっとした部分の微調整など、Prison Blockのこの区画周辺における動きを根底から変えうる何かを見つけられるかもしれません。

「異なる角度から自分の身を守るチャンスと、給水塔での敵との新たな戦い方を増やしました。」とPouliotは語りました。「これらにより、牢屋の屋根上の敵と戦う時など、この場所における新たな発見を可能にする斬新な方法が増えることになります。」

リバースレインフォースイベント詳細

Rebirth Islandのアップデートとともに、リバースレインフォースのイベントが登場します。

Warzoneにおける過去のイベント同様、全チャレンジを完了すると獲得できるレジェンドのLMG設計図「Toxic Heavy」など、オペレーターは参加チャレンジを完了して新しいコスメティックアイテムの数々を獲得できます。

これらの通常の目標に加えて複数のコミュニティチャレンジが登場し、これらの大規模なタスクがWarzoneコミュニティ全体をRebirth Islandへと誘います。

このチャレンジの1つ目は、単にこの島でキルを獲得することです。アップデート後にコミュニティ全体で十分なキル数を獲得することで、参加した人は自動的に25,000XPを受け取り、島で武器交換ステーションが使用できるようになります。

1つ目のチャレンジに続いてさらに3つのコミュニティチャレンジが登場し、各チャレンジで何万ものXPと通信塔、装甲トラック、さらにゴールドの保管庫などの追加機能がアンロックされます…この保管庫に侵入することができれば、大量のマッチ内報酬や永久的な報酬も手に入ります。

武器交換ステーション – 詳細

武器交換ステーションが登場すれば、Warzoneにおける現状の貨幣経済の幅がわずかに広がります。これによりオペレーターは現在の武器を、新たな武器や、さらにボーナスアイテムと交換することが可能になります。

「戦闘に戻った時に、愛用していない武器もしくは弾薬が無い武器を手にすることがあるかもしれません。」とPouliotは語りました。「なので武器交換ステーションが近くにあれば、弾薬が満タンのクリップを備えた敵を倒せる武器と自分の武器を交換する最適なタイミングになります。」

武器交換ステーションでは現在所持している武器と引き換えに入手できる武器が表示されます。特定のレア度では、武器交換ステーションでさらにキャッシュボーナスや一部のアイテム群の中から追加報酬が手に入ります。

ローンチ時には、自分の武器のレア度に応じて次のものが提供されます:

レア度がノーマルの銃

  • ランダムのレア度がノーマルの銃と弾薬が満タンのクリップ(マガジンまたはクリップ1つ、追加弾薬無し)

レア度がアンコモンの銃

  • レア度がノーマルの銃と弾薬が満タンのクリップ
  • ランダムのリーサル装備1つ
  • ランダムのタクティカル装備1つ

レアの銃または近接武器(いずれかのレア度)

  • レア度がノーマルの銃と弾薬が満タンのクリップ(追加クリップ無し)  
  • アーマーポーチ(レアのフィールドアップグレード)
  • ガスマスク

レア度がエピックの銃

  • レア度がアンコモンの銃と弾薬が満タンのクリップ(+追加クリップ2つ)
  • 自己蘇生キット
  • $500または$800
  • アーマーポーチまたはエピックのキルストリークまたはエピックのフィールドアップグレード

レジェンド/ウルトラ/ヒロイックの銃

  • レア度がレアの銃と弾薬が満タンのクリップ(+追加クリップ2つ)
  • $800または$1200
  • レジェンドのキルストリーク(例: エアストライク)
  • レジェンドのフィールドアップグレード(例: ネビュラV弾薬)または、稀なケースでスペシャリストトークン
  • ランダムのリーサルまたはタクティカル装備1つ(例: グレネードまたはフラッシュバン)

**カスタムの銃**

  • アタッチメントの数に応じて、武器交換ステーションから異なる交換品を受け取ります。数が多いほど、交換品も上等になります。

ファイヤーセール中は全ての武器ロッカーで特別なセールも開催され、どの武器もかなりお得に交換できます…お得なセール品同様、見つけ出すのはバーゲンハンターに任せます。

リバースレインフォースのヒント トップ5

1. Strongholdの強力な要塞。最近名前を変えたStrongholdに位置する新たなレーダー基地は、周辺地域一帯や、以前はSecurity Areaを抑えつける場所となっていたLiving Quartersへ射線を通すことができます。スナイパーライフルを持ってここに上がり、長距離戦に臨みましょう。しかし、ハシゴをひっそり登ってくる敵や窓から飛んで入ってくる敵にはご注意を。

2. Shipショー。DockにいようとFactoryにいようと、渡り板を歩いてこの新しい船に向かうのは危険が伴うものの、それだけの価値があります。お宝(航海用語でない言い方ではロードアウトアイテム、サプライドロップ、契約)を探して船を漁る時は、高所の利に恵まれている付近の敵に警戒しましょう。

3. Courtyardの全力攻撃。Courtyardに存在するテントと遮蔽物により、そこを移動する際にデスする可能性は低くなりますが、このエリアにおける最も興味深い変化は付近の給水塔でしょう。各階層で一部の金属板越しに射撃することが可能で、低い位置からスナイパーを倒しやすくなっています。

4. 再配置の利用法を学ぼう。再配置バルーンはStrongholdを含め、Rebirth Island全土で見つかります。迫り来るサークル縮小を迅速に回避したり、滞空中に敵を見つけ出すために利用しましょう。

5. 交換に向けて準備しよう。リバースレインフォースに登場する武器交換ステーションでは、地面から拾える武器を含めた、そのレア度に見合わない可能性がある武器を含めたあらゆる武器に対して、素晴らしい価値のあるものを提供してくれるでしょう。位置は固定されているためリスクと隣り合わせにはなりますが、マッチ中にこれらのステーションを訪れて、武器交換をしてキャッシュや補給品を補充しましょう。

「私達が心から望むのは、このアップデートで実装した新ゲームモードとともに新しいRebirth Islandをプレイヤーの皆さんに気に入ってもらうことです。」とPouliotは語りました。「皆さんと共にプレイするのが待ちきれません。引き続きフィードバックを受けて改善し、Rebirth Islandにおいてワクワクするような瞬間を生み出し続けていきます。」

Call of Duty®: Warzone™の詳しい情報につきましては、www.callofduty.comwww.youtube.com/callofdutyをご覧いただくか、Twitter、Instagram、Facebookで@RavenSoftware、@CallofDutyをフォローしてください。

© 2022 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION、CALL OF DUTY、CALL OF DUTY BLACK OPS、MODERN WARFARE、CALL OF DUTY VANGUARD、CALL OF DUTY WARZONE、WARZONEはActivision Publishing, Inc.の商標です。

Activision製品に関するより詳しい情報は、Twitter Facebook、 Instagramで@Activisionをフォロー。

ソフトウェアライセンスとサービス契約が更新されます。変更内容を確認するには、こちらのリンク [https://www.activision.com/ja/legal/ap-eula] をクリックしてください。

+