シーズン1は本日より新たなモードとマップと共に継続、さらに2月には新たなゾンビモードとマルチプレイヤーマップが登場

Black Ops最大級の年は、本日より新たな武器やモードなどに加え、2月4日(太平洋時間)に登場する人気の6対6マルチプレイヤーマップや全く新しいゾンビモードで続いていきます。

by James Mattone on January 14, 2021

Call of Duty®: Black Ops Cold Warのシーズン1は、新コンテンツのロードマップを強化してBlack Ops最大級の年のハードルを高く設定しています。

本日はBlack Ops Cold WarWarzone™に最新のメジャーアップデートを実施し、今週は両タイトルでアンロック可能な追加武器が、そして来週には強力な新オペレーターが正式に登場します。さらにBlack Ops Cold Warプレイヤーは、DROPKICKとCRANKEDを含むマルチプレイヤーおよびゾンビの新たなゲームモードも本日より楽しめるようになります。加えて、40人が参加可能な巨大な新アリーナマップと、さらなるマルチプレイヤーモードも登場します。

しかも、それで終わりではありません。2月4日(太平洋時間)にはゾンビでダークエーテルの物語の悲惨な次章が展開され、マルチプレイヤーではファンに人気のBlack Ops IIの対戦マップが戻ってきます。さらにこの時季の祝日を記念して2月初旬に新バンドルも登場します。

どんな内容か確認したい方へ。お任せください。

新たな武器

Wakizashi(入手可能)

護身用の武器で侍の刀に添えられる剣であるこの伝統的な製法で作られた刃は、その製造工程で2種類の鋼を使用し、軽量で抵抗力と耐久性があります。

標準的なナイフに比べ、スピードと引き換えにリーチが若干長くなっており、ナイフを持って銃撃戦に臨むと誓いを立てている人にとって新たな戦略の可能性が広がるでしょう。

ショットガン「Streetsweeper」と同じく、Wakizashiはゲーム内チャレンジでアンロック可能で、レベルアップさせて迷彩とXPを手に入れることができます。さらに同じ武器系統の設計図が、最新の「孤独な殺し屋」バンドルでも今すぐ入手可能です。

1月21日(太平洋時間)にオペレーター「ゼイナ」が参戦

NATOは新たな凄腕のオペレーターを兵力に加えます。スティッチを始末するためモール「The Pines」でブルドーザー、ラッセル・アドラーと一緒にいるのを最後に姿を見せていなかったゼイナ・オッソーが来週から使用可能となります。

ゼイナはセネガル生まれで、DGSE機動隊に所属する重火器のスペシャリストです。ラリードライバーだった父親の影響で物心ついた頃からのバイク好きである彼女は、自分の血管にはガソリンが流れていると豪語します。危険を恐れない彼女は潜入では多少の不確定要素となりますが、ゼイナの同僚は敵陣に切り込む際には彼女が欠かせない存在であることを知っています。

シーズン1中にストアバンドルでBlack Ops Cold WarおよびWarzoneで使用できるゼイナを手に入れましょう。

2つのマルチプレイヤーマップ

Sanatorium(配信中)

4人編成の10スクアッドがウラル平野に向かい、陸海空で目標と乗物をめぐり激突します。

ウラル山脈にあるこの場所はソ連の試験的な休養地で、1984年9月のNATO軍による秘密調査の中心でした。木々の茂った低い丘は部隊に隠れる場所をもたらし、中心となるほぼ円形の「ホテル」の偵察を可能にします。このコンクリートで造られたブルータリズム建築の巨大な建物の横には湖畔の建造物と大きな木のドックがあります。

州立サナトリウムU-23の秘密実験と関係があり、この広大な建築物の敷地内で見つかったメモには、ゴロバ計画として知られる条件付け実験のことが書かれています。

Express (6v6) (2月4日登場)

Call of Duty: Black Ops IIよりExpressが復活し、2月4日(太平洋時間)にBlack Ops Cold Warで登場します。人気の6対6マルチプレイヤーで、Call of Dutyの対戦の歴史において数々の驚くべき瞬間を生み出してきたハイテクな駅として親しまれています。

ExpressはU字型のようなマップで、メインホールの周囲にある2本の線路が特徴です。このホールでは接近戦が多くなりますが、ガラス天井は敵のスコアストリークから狙われやすいので注意しましょう。

線路沿い、特にマップのいずれかのサイドの連絡通路から外を見渡す場合は長距離戦が展開されるかもしれません。これらのエリアは高速列車がどちらかの線路を通過するのを見るのにも絶好の場所で、そこでは列車とホームの間の隙間に注意を払っていないオペレーターが容赦なく餌食になるでしょう。

マルチプレイヤーモード

シーズン1ではBlack Ops Cold Warのマルチプレイヤーにさらなる新ゲームモードが登場し、展開の早い3対3のFACE OFFも引き続きプレイ出来ます。

DROPKICK(配信中)

核をめぐるこの緊迫のマルチプレイヤーモードでは、2チームが極めて重要なブリーフケースを確保すべく争います。それぞれのチームが核のブリーフケースがある場所に駆け込み、その回収を目指すことからラウンドは始まります。ブリーフケースを持っているプレイヤーは自動的にハンドガンを装備しますが、他のチームメイトがそのブリーフケース所持者を守るのが理想でしょう。ブリーフケースを持っているチームは発射コードにアクセスでき、チームのスコアも増え続けます。

味方チームがブリーフケースを確保している間に死亡すると、所持者がキルされブリーフケースを落とすまでリスポーンできません。 味方チームがケースを所持していない場合、手遅れになる前に探し出して回収しなければなりません。 どちらかのチームがブリーフケースを確保して保持することでスコアリミットに到達し、戦術爆撃を実行する指令が承認されるとラウンドは勝利となります… 非常に爆発的な形で! 200スコアを先取したチームが勝利です。

SNIPERS ONLY MOSHPIT(シーズン中)

スナイパーの皆さん、準備を整えましょう。シーズン1後期にTreyarchは「SNIPERS ONLY MOSHPIT」モードを新たにBlack Ops Cold Warへ追加します。6人編成の2チームが、スナイパーライフル以外の全ての武器を禁止された状態でTEAM DEATHMATCHとDOMINATIONで戦います。リーサルおよびタクティカル装備、さらにスコアストリークの武器(ウォーマシーンなど)も禁止され、純粋なスナイパー限定の戦いとなります。

ENDURANCEモード(シーズン中)

今シーズンの戦術的なDUOSのバリエーションに続いて、Black Ops Cold War最大のゲームモードがこの10チームによる戦闘を全く新しいレベルに引き上げようとしています。

ENDURANCEの今度のバージョンでは、4人編成の10スクアッドがAlpine、Ruka、Sanatoriumに降下し、マッチ中にウランを回収して爆弾を起動させるべく戦います。しかし爆弾が1つ起爆すると新しい爆弾が代わりに利用可能となり、最初の5つの爆弾が1つに減っていくのではなく、常に5つの爆弾が利用可能な状態となります。これにより、ただでさえ激しい40人のプレイヤーによる戦場に、新たな戦略とノンストップのアクションがもたらされます。

ENDURANCEモードではスコアリミットも500から2倍の1000になり、マルチプレイヤーのチャレンジを達成するのにうってつけです。スクアッドと一緒に参戦し、このゲームで最も複雑なマップを全く新しいスタイルで体験しましょう。

3V3 FACE OFF継続

この展開の早い小規模チームモードはシーズン1に残り、Black Ops Cold Warの4つの激しいマップで展開するリスポーンモードで支配を目論む3人チームを待っています。

まだFACE OFFを体験したことがない方のために説明すると、このプレイリストでは最新のGUNFIGHTマップであるGame Show、ICBM、U-Bahn、KGBで3対3のTEAM DEATHMATCH、KILL CONFIRMED、DOMINATIONが行われます。

武器迷彩チャレンジの達成や、大規模モードに飛び込む前の軽いウォーミングアップに最適なFACE OFFは、今週以降もシーズン1が継続する間は引き続き配信予定です。

ゾンビモードのアップデート

シーズン1が2月に突入するにあたり、全く新しいBlack Ops Cold Warのゾンビマップでダークエーテルの物語が予想より早く続いていきます。

しかしその前に、ゾンビ無料アクセスウィーク期間中にCRANKEDで命を懸けて戦い、RaidでのONSLAUGHT(PlayStation®限定*)を生き延び、新しいゾンビコミュニティのメンバーたちを歓迎しましょう。

新モード: CRANKED(配信中)

本日より、「DIE MASCHINE」は最新の期間限定モードとなります。文字通りにも比喩的にも。

CRANKEDでは、カウントダウンタイマーに注意を払いつつゾンビをキルしなければなりません。長い時間アンデッドを倒さないままでいると自分が爆発してしまいます!生き残れるかどうかは、殺気だった恐ろしいゾンビをどれだけキルできるかにかかっているので、無駄にする時間はありません。アンデッドのせん滅を続ける前に一息つかせてくれるクランクタイマーのパワーアップだけが癒しとなるでしょう。

ONSLAUGHTの新マップ(PlayStation®限定*): Raid(配信中)とExpress(2月4日登場)

レクイエムのPlayStation®プレイヤーは本日より、この有名なマルチプレイヤーマップ「Raid」で新たな試練に立ち向かいます。そして2月4日(太平洋時間)には「Express」もマップリストに加わりONSLAUGHTで登場します。

ダークエーテルオーブを追って、ゴールドランクを目指しましょう。Raidに登場するロサンゼルスの派手な豪邸の様々なエリアにオーブが移動するにつれて、ゾンビの大群の脅威が増していきます。一定数のエリートを倒してブロンズ、シルバー、ゴールドのランクを獲得すれば、限定*報酬をアンロックできます。その道中で新たなダークエーテルの情報も見つかるかもしれません…

無料アクセスウィークは1月21日(太平洋時間)まで開催

スリル満点のゾンビの戦いを体験したいけど、まだBlack Ops Cold Warを持っていない方。そんなあなたに朗報です。本日より1月21日(太平洋時間)まで開催される「ゾンビ無料アクセスウィーク」で、Call of Duty史上初めてTreyarchの有名なゾンビモードが無料でプレイ可能となります。

詳しくはこちらの無料アクセスウィークのブログをご確認ください。

新たなゾンビマップ: FIREBASE Z(2月4日登場)

ポーランドでダークエーテルの異常を調査した後に「プロジェクト・エンドステーション」の施設が破壊され、グリゴリー・ウィーバー率いるレクイエムの対応チームは次に最も新しいアウトブレークゾーンであるコードネーム「FIREBASE Z」に目を向けます。

Black Ops Cold War ゾンビの次章は、シーズン1が続く2月4日(太平洋時間)に始まります。Treyarchからのさらなる情報については、本日と明日の「115 Day」記念のブログをチェックしましょう!

他にもストアで好評発売中

ゼイナおよび、ゾンビをテーマにしたブルドーザーの深紅のスキンの登場と併せて、Black Ops Cold WarWarzoneのストアに2月の祝日を記念する新テーマのバンドルが並びます。

「追跡者パック: 丑年」バンドルに含まれる曳光弾が付いたレジェンド武器設計図で旧正月を祝い、「秘密の大ファン」バンドルで敵の心臓を撃ち抜き、NATOのベイカー用エピックスキン「ブレーカー」が入った「カーニバルキャプテン」バンドルでマルディグラスタイルを戦闘に持ち込みましょう。

ダブル武器XP開催

シーズン1の継続を記念して、1月15日から1月19日(太平洋時間)までの期間中、Black Ops Cold WarおよびWarzoneでダブル武器XPウィークエンドが開催されます。StreetsweeperのアタッチメントやWakizashiの迷彩をアンロック後すぐに獲得したり、マルチプレイヤーおよびゾンビでDM UltraやDark Aetherのマスター迷彩を目指して奮闘するのに絶好の機会です。

歴史を変える準備はできていますか? Black Ops Cold Warを今すぐ購入しましょう!

このコンテンツを全て手に入れたいけどBlack Ops Cold Warの製品版をまだ持っていないという方は、今こそ購入する絶好のタイミングです。アレックス・メイソン、フランク・ウッズ、ジェイソン・ハドソンと共に、驚きに満ち溢れたキャンペーンに参戦して、世界の脅威となっている「ペルセウス」を見つけ出しましょう。マルチプレイヤーで刷新された対戦モードとマップを堪能し、ゾンビモードでレクイエムのエージェントとして恐ろしいアンデッドの大群に立ち向かい、自分の勇気を試してみてください!

CallofDuty.comにアクセスし、 Black Ops Cold War の購入ボタンを押して、プラットフォームとお住まいの地域を選択し、ゲームを入手しましょう。あとはダウンロードしてプレイするだけです。  

ぜひこの任務に参加してください。

 

*2021年11月1日(太平洋夏時間)まで他のプラットフォームではご利用いただけません。

Call of Duty®: Black Ops Cold Warの詳しい情報につきましては、www.callofduty.comwww.youtube.com/callofdutyをご覧いただくか、Twitter、Instagram、Facebookで@Treyarch、@RavenSoftware、@CallofDutyをフォローしてください。

© 2021 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION、CALL OF DUTY、CALL OF DUTY BLACK OPS、CALL OF DUTY WARZONE、WARZONEはActivision Publishing, Inc.の商標です。その他の商標や製品名はその所有者に帰属します。

Activision製品に関するより詳しい情報は、Twitter Facebook、 Instagramで@Activisionをフォロー。