Call of Duty®:Mobileのゴーイングダークで夜が更ける。11月11日(太平洋時間)に最新シーズン開始。

NVGを使って新しいナイトマップやモードをプレイしたり、新しいキャラクタースキンや武器設計図を獲得したり、ブラックフライデーやサイバーマンデーのお得なセールを利用したりと、様々な楽しみ方ができます。

by Daniel Noel on November 10, 2020

「ブラボー6、作戦開始だ」 – ジョン・プライス大尉、Call of Duty: Modern Warfare®

アニバーサリーシーズンの日が沈み、Call of Duty: Mobileゴーイングダークで夜が更けてシーズン12がやって来る。

11月11日(太平洋時間)に登場の「ゴーイングダーク」では、ナイトマップやモードのほか、豊富な新コンテンツ、新バトルパス、対戦イベント「騎士分断」など、新しい遊び方が登場します。

さっそくシーズン12の新要素を少し見てみましょう。

ナイトマップとモードで闇が降臨

Call of Duty: Modern Warfareの戦術的なNVGマルチプレイヤーモードにインスパイアされ、ゴーイングダークではマルチプレイヤーにナイトモードを導入します。

このモードでは、オペレーターの周囲を照らし赤外線ビジョンを提供する暗視ゴーグルを使うことができます。また、レーザーサイトを使用して暗闇を多少なりとも切り抜けることも可能で、光量の多いエリアを通り抜ける際にNVGを使わないことを選択した場合に有効です。

ナイトモードは3つのマップでプレイ可能です。Crash、Summit、そしてフランチャイズ史上最も記憶に残るロケ-ジョンが新たに追加されました。

新しいマルチプレイヤーマップ: Hackney Yard(NightとDay)

Modern Warfareの定番マルチプレイヤーマップであるHackney Yardが、Night版とDay版の両方でモバイルに登場します。

町のはずれのゴミだらけの工業団地、Hackney Yardはテムズ川に隣接した小さなマップです。コンパクトな場所にラフな3レーンのデザインとなっているこのマップでは、オフィスや倉庫内での接近戦から、マップを横断しての屋上でのスナイパー対決まで、多様なプレイスタイルでの対戦が可能です。

夜間のHackney Yardは戦術家の遊び場も言える場所に変わり、経験豊富なプレイヤーでも敵チームを攻撃や奇襲するためマップの知識を最大限に活用しなければなりません。夜間の潜入では、マップ中央のコンテナを通過する危険な道のりを含め、絶えず側面攻撃の可能性があり、新たな戦略を切り開くことができます。

今のは何だ?!ATTACK OF THE UNDEADのナイトモード

TEAM DEATHMATCHのプレイリストに加えて、ナイトモードにはハロウィン後の眠りから蘇ったATTACK OF THE UNDEADをフィーチャーしたプレイリストも用意されています。

夜の闇の中、ゾンビ化したプレイヤーは発光しなくなり、暗い環境に溶け込めるようになります。オペレーターは、次の攻撃に備えて隅々まで目を光らせ、NVGを使って影を見極めながら、協力して動くことを余儀なくされるでしょう。

果たして生還できるか、それとも穏やかに夜を受け入れアンデッドの仲間入りをするか?

ゴーイングダークバトルパスでさらに報酬を獲得

シーズン12では、新しいキャラクターや武器設計図、武器チャーム、新しいオペレータースキル、新しい機能的武器などを含む無料とプレミアムのコンテンツが獲得できる50のティアが追加されます。バトルパスのハイライトの一部:

バトルパス無料ティア

ティア14に到達すると、防衛用武器のオペレータースキルBallistic Shieldが無料でアンロックされます。持ち場を維持しながら敵の攻撃をガードしたり、チームメイトと一緒に敵陣に移動したりと、素晴らしい防御性能を活かして抜群のオフェンスを発揮することができます。

ティア21に進むと、確かなパワーとバランスのとれた操作性、そして優れた汎用性を備えた新機能武器であるSMGのAGR 556をアンロックすることができます。ガンスミスで5.56mm弾の装備が可能で、このコンパクトな防衛用武器を機動性の高い中距離攻撃武器に変身させることができます。

プレミアムパスティア

バトルパスを購入して、ゴーイングダークバトルパスの50のティアのコンテンツすべてをアンロックしましょう。

オペレータースキンの主役は、ジョン・プライス大尉その人です。プライス - カバーオブナイトスキンを入手して夜戦作戦のエリートソルジャーとなり、さらにアーバントラッカー - バイナイトとゴースト - ジョーボーンのような兵士を追加してオペレーターチームを強化しましょう。

プレミアムパスには、ブラックゴールドシリーズに登場する新設計図の武器や、ビャッコとして知られるAGR 556の設計図も含まれています。 

シーズンチャレンジとイベント

激しい競争が繰り広げられる「騎士分断」イベントを通じて特に優秀なオペレーターのみが獲得できる新たなサブやギア一式など、「ゴーイングダーク」では多数の獲得可能な報酬が用意されています。

「騎士分断」イベントで競おう

シーズン12の主要な戦いとして、「騎士分断」イベントで赤対青で競い合います。

新たな領土の征服をめぐり、サイドを選んで敵勢力を潰し報酬を獲得しよう。特別な武器セットを獲得して装備し、ボーナスを利用して勢いをつけよう。勝利チームと各サイドのトップの貢献者には特別報酬が用意されます。

今シーズン後半に新たな武器、PERK、BATTLE ROYALEクラスを獲得しよう

今シーズン後半には、マルチプレイヤーとBATTLE ROYALEの武器をさらに強化するためのイベントやチャレンジが追加される予定です。

これには.50GS大口径ハンドガンが含まれています。コンパクトなデザインで信じられないほどの威力を発揮しますが、正確なショットをコントロールできるのはエリート中のエリートのオペレーターだけです。

シーズン終了に向けて、新たなシーズンチャレンジでは誰もがPERK「ランチャープラス」を獲得するチャンスがあり、オペレーターはランチャーの追加弾薬でさらに爆発的な火力をロードアウトに追加することができます。その頃には、BATTLE ROYALEの新クラス「リフィッター」が、後日発表されるイベントでアンロックできるようになります。

初のレジェンドオペレータースキンと限定セールで装備を整えよう

Call of Duty: Mobileはシーズン12中に、初のレジェンドオペレータースキンを導入する予定です。ブラックフライデーとサイバーマンデーのセールが満載のシーズン中に導入される見込みです。

ニクトと共にダークサイドへ

今シーズン後半のダークサイドドローには初めてのレジェンドオペレーターが登場します。ニクト - ダークサイドはこのオペレーターを不吉な赤で飾りつつ黒く染め上げます。

このドローには、他にも同様に悪夢をモチーフにした数々のアイテムが含まれています。.50GSのレジェンド設計図、XPR-50のエピック設計図、そして派手なバイクやハイテクなウィングスーツなど、BATTLE ROYALEのアイテムが複数用意されています。

ブラックフライデー、サイバーマンデーのセールに注目

素敵なセールがやって来ます。

ブラックフライデーとサイバーマンデーの期間中、バンドルやクレートの特別セールなど、相次ぐ割引の数々をチェックしましょう。ダークサイドドローをはじめ、ストアで多くのプロモーションが開催されますので、武器庫をアップグレードするこの素晴らしい機会をお見逃しなく。

シーズン12のCall of Duty: Mobileに詰め込まれた全コンテンツにより、徹夜をしたくなること間違いなし。お使いのモバイルデバイスを手に取り、「ナイトモード」をオンにしてゴーイングダークに臨みましょう。

激戦に備えよう。

 

Call of Duty Mobileの最新ニュースは、Call of Duty: Mobile ウェブサイト、およびCall of Duty: MobileのYouTubeチャンネルをご覧ください。また、Call of Duty: MobileのTwitterInstagramFacebookのフォローもお願いします。

Call of Dutyの最新ニュースは、Call of Duty ウェブサイト、およびCall of DutyのYouTubeチャンネルをご覧ください。また、Call of DutyのTwitterInstagramFacebookのフォローもお願いします。

© 2019-2020 Activision Publishing, Inc. Activision、Call of Duty、Call of Duty: Black Ops、Call of Duty: Modern WarfareはActivision Publishing, Inc.の登録商標です。その他全ての登録商標と商号は各所有者に帰属します。

Activisionのゲームに関する情報は、Activision Games Blogをご覧ください。また、Twitter(@Activision)、InstagramFacebookのフォローもお願いします。