Call of Duty®: Black Ops Cold War 戦術マップ情報: Nuketown '84

Nuketownが復活!お馴染みの6V6マルチプレイヤーマップが「Nuketown '84」として新たな装いで帰ってきました。プレイ経験に関わらずこのマップで勝利を掴むための戦略やヒントを入手しましょう。

by Daniel Noel and James Mattone on November 24, 2020

本シリーズのベテランプレイヤーには馴染み深いNuketownですが、1984年時点ではこの世界最強の爆弾兵器の実験場に別の姉妹実験場が存在していたようです。その実験場は、数人の好奇心旺盛な旅人によって私的な聖域として占拠されるまでは時と共に忘れ去られた場所でした。 

生年月日を入力してください。

開始日時: 月: :

Black Ops Cold Warのシーズン1開幕に先駆けて、Call of Dutyの最も象徴的なマルチプレイヤーロケーションを6V6のマップローテーションに持ち込むという伝統を引き継いだ「Nuketown '84」が、全プレイヤーに無料で配信中です。

この神聖なる地に馴染みのあるプレイヤーにも馴染みのないプレイヤーにも、Nuketown '84について知っておくべきことをご紹介します。

ロケーション情報

Nuketown '84は、アメリカの牧歌的な雰囲気が漂う核実験場を舞台にした、激しくスピード感溢れる戦闘が繰り広げられる6V6マップです。

一見するとそのレイアウトはオリジナルのBlack OpsシリーズのNuketownに似たものですが、ネバダ砂漠に位置するこの舞台は「サイトB」と呼ばれていた場所です。1954年、サイトBは「大規模実験」の現場として準備が進められていましたが、政府の予算上の都合により土壇場で廃案となりました。その後30年間、廃墟と化していたこのNuketownですが、1984年に無人の地を渡り歩いていた社会不適合者の集団に発見され占拠されました。彼らはその異様な袋小路の地を、落書きや旅の途中で集めたガラクタで飾り付け、戦争や不安で溢れた世界、そして「あの男」と呼ばれる存在からの避難場所に変えました。

このマップの主たる特徴は、向かい合わせに建つ2軒の民家です。西側の青緑色の民家は正面にNuketownの看板が掲げられており、東側には黄色の民家が建っています。

色あせた落書きに覆われた外壁が特徴的な建物ですが、両民家とも正面玄関を入ると広いリビングルームがプレイヤーを迎え入れてくれます。階段を上がって2階に行くか、後方のキッチンを通り抜けると、裏庭とガレージに続く扉があり、裏に移動するための道となります。

階段を上がると、かつて書斎だった部屋を見下ろすことができる踊り場があります。そこはマップを見渡せる寝室と裏庭に続く階段がある後方のバルコニーに繋がっています。かつてはガーデンエリアとして使われていたそれぞれの民家の裏庭は、チームゲームモードの開始時のスポーン地点となっているだけでなく、戦闘中の隠れ場所としても機能します。往年のNuketownファンも居心地の良さを感じることができるでしょう。

マップ中央エリアには、落書きに覆われたスクールバスと貨物庫が開いた状態の貨物トラックが鎮座しています。マップ北端には、芝生に錆びたバケツが置かれた3軒目の民家があり、黄色い民家の方向に向かって箱が積み上げられています。この民家の反対側、バスとトラックの向こう側には、封鎖された入口の前の舗装された地面の上に4x4の土嚢が置かれています。

Nuketown '84ミニマップ

マップ中央エリアには、落書きに覆われたスクールバスと貨物庫が開いた状態の貨物トラックが鎮座しています。マップ北端には、芝生に錆びたバケツが置かれた3軒目の民家があり、黄色い民家の方向に向かって箱が積み上げられています。この民家の反対側、バスとトラックの向こう側には、封鎖された入口の前の舗装された地面の上に4x4の土嚢が置かれています。

Nuketown '84ミニマップ

基本戦略

Nuketown '84で勝つためには、アグレッシブな戦略的プレイとマップの把握力が重要になります。リスポーンが可能なゲームモードにおいては、現在地から前に進むべきか一旦隠れるべきかを判断するために敵の位置を常に把握しておく必要があります。

どちらの民家にいるかに関わらず、本マップにおいてはSMG、ショットガン、近接武器が役立つでしょう。ガレージからなら中央にいる敵を離れた場所から攻撃でき、素早くその場を離れたい状況でも前方と後方の両方から簡単に脱出することができます。

中距離戦がメインとなる中央や裏庭ではアサルトライフルとタクティカルライフルが良い働きをしてくれるでしょう。これらの武器は各民家の中からの攻撃にも最適ですが、バックアップとして強力な近距離用の武器を持っておかないと、報復のために階段を駆け上がってくる敵に対処するのに苦労するかもしれません。

もう1つの重要なポイントは、マップの側面に沿った場所や土嚢の周囲からは長距離の視点が確保できるという点です。その地点の車両付近で身を隠しておけば、左右だけでなく中央から向かってくる敵を排除することができるでしょう。

スコアストリーク フィールドガイド

狭いマップ上にこれだけの屋外スペースが広がっていることを考慮すると、腕利きのオペレーターにとってはスコアストリークが強力な味方になってくれるでしょう。

まだ腕に自信がないですか?心配無用です。RC-XD、偵察機、カウンター偵察機なら失敗することはありません。適切なタイミングで使えば、RC-XDで一ヶ所に集まった敵をまとめて排除することができます。偵察機によって得られる情報は、Nuketown '84のような狭いマップにおいて、全体状況の把握に特に有効で、チームを優位に導いてくれるでしょう。この優位は、敵のミニマップにスクランブルをかけて、SAMターレットを無効化してくれるカウンター偵察機を展開することでさらに強化されます。

中距離のストリークについては、各民家の側方に配置したセントリーターレットを使えばマップ中央にいる敵をまとめて仕留めることが可能です。ヘリガンナーなどのより上級のスコアストリークを使う場合は、各民家の庭でランチャーを持って上空の脅威を待ち構えている敵の存在を確認するようにしましょう。

目標ベースのプレイ

DOMINATIONでは、Aエリアが青緑色の民家の裏庭、Cエリアが黄色の民家の裏庭、Bエリアが上部中央のセダン付近に設定されています。

Bエリアについては、敵によるリーサルグレネードの弾幕を受けることになるため、フラックジャケットの装備やロウブレーカー(ワイルドカード)とタクティカルマスクの同時使用が必要になるでしょう。あるいはトロフィーシステム(フィールドアップグレード)を使ってさらに防御を強化するのもよいでしょう。基本的に、爆発物に対する抵抗力や迎撃力を高めるほど目標を達成しやすくなります。

Nuketown '84でのHARDPOINTは、すでにコンパクトなマップで両チームが1つのポイントを奪い合うことになるため、大混戦となることが予想されます。ここでもDOMINATIONでの戦術が有効となりますが、ハードポイントの奪取・防衛においては近距離用の武器が極めて効果的です。

一方、リスポーンのないSEARCH & DESTROYではゲームのペースが劇的に変化し、より組織的なプレイが功を奏します。庭エリアのサイドでの動きを封じたり、寝室の窓で敵を待ち構えたりしているスナイパーには十分注意しましょう。このモードでのスナイパーは早々に戦況を左右し得る強力な存在となります。

ヒント10選

10. 接近戦にこだわらない。このマップではSMGやショットガンで敵を蹴散らしていきたい衝動に駆られるかもしれませんが、ライフルやLMGにもそれぞれの利点があります。これらの武器なら、マップ中央に果敢に進んでくる接近戦用の武器を持ったオペレーターから距離を保つことができ、民家内で侵入者を待ち構える相手を外から狙うことも可能です。

9. 腰撃ちが効果的。いきなり敵と対峙する場面が多発する本マップでは、腰撃ちの命中率が高い武器を装備しておくのが賢明でしょう。そうすることで、焦りながら照準を合わせなくても敵を倒すチャンスが増大します。

8. ランチャーを使おう。各民家の裏に設置されたフェンスを利用すれば、ほぼ安全圏から航空スコアストリークを迎撃することができます。ランチャーを装備して敵の脅威を排除し、チームを助け、自らのスコアストリークを進行させましょう。その効果は絶大です。

7. 意外な伏兵、RC-XD。Nuketown '84のような限られた空間においては、この入手が比較的容易なスコアストリークが戦況をひっくり返すための貴重なツールとなります。運転のエキスパートなら、このリモコンカーを使って素早く安全に強力な奇襲を仕掛けられるでしょう。

6. SAMターレットを展開。戦況から目を離すことなくチームをサポートしたいなら、SAMターレット(フィールドアップグレード)の使用を検討してみてください。ランチャーほどの安定感はありませんが、敵の航空スコアストリークに対しては素晴らしい働きをしてくれるでしょう。

5. 豊富なグレネード。Nuketown '84では、あらゆる形やサイズの装備を自由に使うことができます。マップ中央を急いで駆け抜けたいなら、スモークグレネードを使って動きを敵に見せないようにすると効果的でしょう。

4. マスクとジャケットは忘れずに。武器でのキルを狙う場合でも、自ら大量のリーサル装備を投げ込もうとしている場合でも、Nuketown '84ではフラックジャケットとタクティカルマスク(PERK)がほぼ不可欠です。これらを装備するか否かはプレイヤーの自由ですが、爆発でデスしたり混乱に陥りたくなければ装備しておくべきでしょう。

3. 伏せよう!狭く激しい戦闘が繰り広げられる本マップでは、無防備な敵を排除するために多くのプレイヤーがセンサーマインを使用することが予想されます。起動させてしまった場合は、しゃがんで致命的なダメージを受けるのを回避しましょう。

2. 縁に立つ。各民家の2階の窓の下からは、ちょっとした足場が突き出ています。ここに立つとマップ中央の状況を把握しやすくなります。また、外側から上に登って寝室にいるスナイパーを襲撃することも可能です。

1. スピードが命。Nuketown '84では攻撃的なプレイが必須となります。いつもは慎重なプレイヤーも、このマップでは安全圏から出て戦わなければなりません。攻撃的なプレイが最大の防御となることを実感するまで、試行錯誤を繰り返して最適なプレイバランスを見つけましょう。

ぜひこの任務に参加してください。

 

Call of Duty®: Black Ops Cold Warの詳しい情報につきましては、www.callofduty.comwww.youtube.com/callofdutyをご覧いただくか、Twitter、Instagram、Facebookで@Treyarch、@RavenSoftware、@CallofDutyをフォローしてください。

© 2020 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION、CALL OF DUTY、CALL OF DUTY BLACK OPSはActivision Publishing, Inc.の商標です。

Activision製品に関するより詳しい情報は、Twitter Facebook、 Instagramで@Activisionをフォロー。