Fortune’s Keepと新たなCaldera — Call of Duty®: Warzone™「富を求める傭兵達」の地形ガイド

Raven SoftwareとHigh Moon Studiosは第4シーズンで実装される大規模アップデートに取り組んでいます。High Moon Studiosは新マップ「Fortune's Keep」を一から新たに作り上げ、Raven Softwareは引き続きコミュニティからのフィードバックをもとにCalderaやゲーム全般の修正を行っています。

  • マップ情報

Fortune’s Keepと新たなCaldera — Call of Duty®: Warzone™「富を求める傭兵達」の地形ガイド

Raven SoftwareとHigh Moon Studiosは第4シーズンで実装される大規模アップデートに取り組んでいます。High Moon Studiosは新マップ「Fortune's Keep」を一から新たに作り上げ、Raven Softwareは引き続きコミュニティからのフィードバックをもとにCalderaやゲーム全般の修正を行っています。

  • マップ情報

すでにアクション満載のCall of Duty®: VanguardWarzoneTMですが、新シーズンの「富を求める傭兵達」の登場により新たな風が吹き込まれます。

先にも触れましたが、6月23日午前1時(日本時間)にリリースされるこのアップデートは、Warzoneの開発に携わる全スタジオが総力をあげて取り組んだアップデートです。

その中でも特に注目したいのがHigh Moon Studiosで、同スタジオは2013年のCall of Duty®のリリース以降、コンソールおよびPC版両方の開発に尽力してきており、最近ではCalderaの製作とアップデートに力を注いでいます。今年のWarzoneでは、High Moon Studiosは重要な役割を担いました。

「私たちの目標は、Rebirth Islandの新規模マップを作ることでした。そのマップはRESURGENCEのゲームプレイに対応し、様々な新ロケーションで戦闘が繰り広げられることになります」と、High Moon StudiosのクリエイティブディレクターであるMatt Krystekは話します。「作りたかったのは時間を超越しているような感覚を味わえる島で、戦闘と同じくらい探索も楽しんでいただきたいと思います」

 

High Moon Studiosによる新マップ「Fortune’s Keep」は、新シーズンのスタートと同時にWarzoneに実装され、RESURGENCEも登場し、Rebirth Islandとは異なる戦略や新たな戦場をオペレーターに提供します。

また、Calderaについても、植物の削減による視界の改善、Storage Townにおける重要地点の再実装、その他の重要地点のアップデート、新バンカーのキーカードの復活を含む複数の新アイテムの追加など、大規模な変更が実施されています。

注目ポイントを以下でご紹介します。

 

Fortune’s Keepグランドツアー

これまで、地中海に傭兵のアジトがあるということを口に出す者はいませんでした。そのようなことをすれば、最後には捕らえられるか命を落とすことになるからです。しかし我らがオペレーターたちは、最新の情報をもとに「Fortune’s Keep」という密輸人たちの楽園を発見しました。この場所には、歴史的価値のある旧式の兵舎や、巨大なワイナリー、賑やかで趣のある海辺の村落が存在しています。

Krystekはマップについて次のように述べています。「Fortune’s Keepは、地中海にある複数の実在する場所にインスピレーションを受けた完全オリジナルのマップです。不朽のマップにすること、そして訪れることができる実在する場所であるかのように感じられるマップにしたいと考えていました。かつては海賊に対抗する戦場だった地が、傭兵や密輸人の一団によって占拠されているという、物語的にも大きなコントラストを生んでいます」

この島はRebirth Islandと同等のサイズで、RESURGENCEにおいては最大40人までのプレイに対応しています。この島では、味方や敵対するオペレーター以外にも、黄金を奪おうとしてくる傭兵などの脅威とも対峙することになります。

マップには目を引くエリアやランドマークが用意されていますが、主な重要地点セクターは、「Town」「Smuggler’s Cove」「Keep」「Winery」の4つです。

Town

この主な重要地点を西から順番に紹介していきましょう。最初は海辺にあるTownです。

この密集したコミュニティには、昔ながらの要塞の鐘楼、日差しが降り注ぐ開放的で美しい住居、バー、レストラン、桟橋、見晴らし台(非戦闘用)、神秘的な墓地など、あらゆる施設が揃っています。

 

石畳の路地や長い間放置された階段などでは、緊迫した接近戦(CQB)が展開されるでしょう。

屋上や窓でパルクールをしたり、セーフゾーンの縮小を回避するために機転を利かせたルートで移動したり、思いもよらない角度から敵に攻撃を仕掛けたりなど、素早く的確な動きで他のプレイヤーを出し抜きましょう。

ただし、屋上を移動すると長距離武器の脅威に晒されるリスクもあるので、墓地の見晴らし台をはじめとする、高台からの射線には十分注意が必要です。

 

Smuggler’s Cove

かつて大砲が乱れ飛ぶ海戦の地だったSmuggler’s Cove。その深海の洞窟の奥には、違法に調達された物資が保管されています。このエリアには、息を呑むような岩穴、質素な漁師小屋、絶壁に建つ海賊の無線局などがあり、さらに、海岸沿いには貯蔵庫が点在しているという噂です…

軍用機やRESURGENCEの拠点、KeepおよびWineryといった海面上のエリアから、オペレーターは海蝕洞へと続くほら穴に直接降下できます。他にも、ヘリを操縦して通り抜けたり、入り江や海岸線からそのまま洞窟に入ることも可能です。

4つの主要な重要地点の中で最も奥まった場所にあるSmuggler's Coveをうまく活用すれば、機動性を犠牲にすることにはなりますが、回り込んで敵を攻めたり、サークル縮小を避けたりすることができるでしょう。

Smuggler's Cove外の洞窟には多数の平坦なルートがあり、大きな縦長のエリアからはWineryへ続く灯台に出ることができます。この灯台は、北側の敵に対する絶好の反撃地点になるでしょう。また、さらに東に進む前に物資を調達しておく場所としても適しています。

このエリアには、ガスマスクが大量に用意されており、最寄りの出口も分かりやすく示されています。しかし、爆発性のガスボンベが大量に配置されているほか、無線局にはオキュペーションスキャンの装置も置かれているため、敵の注意を引くことにもなりえます。

Keep

この中世風の荘厳なランドマークこそFortune’s Keepの由来になった建物です。

何世紀も前に建造されたマップ最大の重要地点であり、黄金とトラブルの中心地となっています。大広間の待ち伏せ場所から、城壁の欄干やそびえ立つ監視塔に至るまで、スクアッドがKeepを掌握すればマッチをコントロールしやすくなるでしょう。ただし、サークル縮小には十分注意が必要です。

Keepには正面から入るのが最善の場合もありますが、ほとんどの場合、スクアッドは建物間やその他の重要地点からの密輸入用の秘密通路を探す必要に迫られることになります。

大半の建物内と同様に、これらのトンネルも接近戦に適した空間です。広いホールや屋上などのその他のエリアは、中・長距離攻撃用の特等席となるでしょう。

 

Winery

実在の高名なワイナリーと同様、マップの最も東に位置するこの重要地点も建造物の密度が最も低いエリアの1つであり、グルナッシュ種のブドウが地中海の土壌に根付くよう、広大な空間が用意されています。

もちろん、こちらのワインビジネスは悪事の隠れ蓑として存在しており、開かれたワイン貯蔵室には略奪品が平然と備蓄されています。このエリアの他の場所には、北側に入り江、島の東側の海岸線沿いには軍事キャンプが設営されています。

このエリアでは、唯一、2つの再配置バルーンを利用でき、さらに鐘楼、屋上、発酵棟など、狙撃に適したポイントが複数存在するのも特徴です。High Moon Studiosの開発者によると、このワイナリーの複合施設は、複数の大きな構造物が通路や中央の中庭につながっている馴染みのある3レーン構造に即したものであると述べています。

 

他の3つのエリアにはそれぞれに驚きがありますが、伝承や噂によると最も評判がいいのがこのWineryです(ワインがあるという理由のでこのように言われているのかもしれませんが)。Wineryに招かれざる客が到来する以前は、ブドウの栽培を開始する季節になると、農家や施設の従業員が実り多き収穫を願って泉にコインを投げ入れる習慣があったそうです。

また、ワイン貯蔵室には幽霊が出るという噂もありますが、その心配はしなくても良さそうです…少なくとも今は。


Fortune’s Keepのブラックマーケット契約およびキャッシュ回収イベント

この新マップはハイペースのRESURGENCEモードのために作られています。Fortune’s Keepは、新たなプレイスペースであるだけでなく、ブラックマーケット契約とキャッシュ回収イベントという2つの新要素をWarzoneに導入します。

 

ブラックマーケット契約

 

ブラックマーケット契約は、サプライランとサプライドロップを組み合わせたハイリスクハイリターンの契約で、Fortune’s Keepに黒と黄金色の特別な購入ステーションを登場させます。

この契約はゲームの中盤から後半向けのもので、契約が受諾されるとマップのどこかにブラックマーケットの購入ステーションがドロップされます。オペレーターは、マップ上でストアに近づくと縮小するヘビのマーカーと黄色のサークルを探さなければなりません。また、ストアは自らの位置を示す音声を再生します。

ストアを見つけたら、契約を受けたチームは、キャッシュと引き換えに形勢を逆転しうるアイテムを1つ手に入れることができます。その後、マップ上の他のスクアッドは、無効になるまでの数分間、この購入ステーションを利用することができます。

最も安価なアイテムは、ゲーム内キャッシュの$500で購入できるシーケンサーグレネードです。敵のHUDにスクランブルをかけ、EMPのように音声を歪ませることができるだけでなく、潜伏スパイの悪名高きナンバーズの放送も再生可能です。バトルハーデンはこれらの効果時間を短縮し、スティムを使用すれば即座に効果が打ち消されます。

次は、金メッキが施された[[削除済み]]武器ですが、ここで1つだけ言えることがあるとするなら、これらは信じられないほどレアな武器設計図だということです。ショットガンとスナイパーライフルは、SMG、アサルトライフル、ライトマシンガンより安価で、一つひとつが島内で役立つものです。

最後に、4桁半ばから5桁の価格で購入できる3つのアイテムを紹介します。1つ目はネビュラVミニガン、2つ目は全てを見通せるフォアサイト、そして3つ目は、Warzoneの全PERKをオペレーターに付与するスペシャリストボーナスです。これらは決して安いものではないので、マッチ後半でこの契約を完了させるか、スクアッドでキャッシュを集めて手に入れましょう。

 

キャッシュ回収イベント

ブラックマーケットやそれ以外でキャッシュが必要な人へ。傭兵たちは時折、キャッシュ回収を行います。これは、通常のFortune’s KeepのRESURGENCE中に複数回行われる可能性のあるパブリックイベントです。

イベントが始まると、戦術マップにきらめく金色の円とバッグのアイコンが表示されます。同時に、ヘリが黒と金色のバッグを回収場所へラぺリングする合図として、フレアが空中に発射されます(スマグラー契約と同様です)。このバッグの近くには、5人のエージェント(オペレーターではない傭兵)で編成されたスクアッドが投下直前に陣取ります。

オペレーターは、これらの傭兵を排除し、バッグを開くとキャッシュ、弾薬、アーマー、装備品を手に入れることができます。ただし、これらの傭兵は複数回にわたって増援を要請します。さらに、報酬を狙うオペレーターが自分達だけとは限らないのでご注意ください。

バッグが完全に空になるか、ヘリが破壊されるか、所定の時間が経過するとイベントは終了となります。

 

Calderaアップデート — Storage Townおよび装甲SUV

Raven Softwareは、植物が生い茂ったエリアの整理、島中の10以上の重要地点の調整、新たな乗り物の追加によって、Warzone史に残る印象的なマップに再び命を吹き込みます。

これらのアップデートは全体の一部です。その他のゲームプレイの調整については今後のパッチノートをお待ちください。

 

Storage Town

Mines、Airfield、Village、Dig Siteの間に位置するStorage Townへ再び向かい、戦闘に備えましょう。

ロッカーや給水塔、中央の建物などは、過去のものとほぼ同様です。ただし、本バージョンのStorage Townは山腹にあるため、巨大なスイミングプールやその他の高台に挟まれることなく、隣接エリアをしっかりと見渡せるようになっています。

丘の上から屋上へ渡り、開いているコンテナを片っ端から漁って、サプライボックスやその他のアイテムを探しましょう。

2つの付属建物ではそれぞれ、施設とその周辺を見渡せる視野を確保でき、Airfieldに近い方の建物では購入ステーションを出現させることもできます。

 

 

装甲SUV (シーズン中)

ブーストが必要な人へ。

Warzoneの最新車両となる4人乗りの装甲SUVなら、車内外にいる全てのスクアッドメンバーを守ることができます。

この装甲SUVは運転席と2つの乗員席に加えて、ヘビーマシンガンを使用できるターレットシートが車両の上に搭載されています。これは他の車両に対して非常に有効ですが、操作するオペレーターは車内の乗員よりも被弾する可能性が高くなります。

また、ドライバーはニトロブーストを使用することができます。ニトロブーストで急加速して隙を突いたり、攻撃から逃れたり、または戦闘エリアに突撃することもできます。

Calderaアップデート — 重要地点と環境アップデート

傭兵達が島に隠した秘密をオペレーターが暴くにあたり、Calderaの緑豊かなジャングルや広大な森林が整理されます。

Resortの外側からRunwayに小さなキャンプが出現し、島内の多くのエリアで視界が確保される見込みです。主な変更点を以下で紹介します。

Calderaの7つのメインバンカーは、現在傭兵達が管理しており、アクセスするにはキーカードが必要です。

経験豊富なオペレーターなら、キーカードはサプライボックスからのレアドロップや契約、またはミッション中に見つけた敵オペレーターから入手できることをご存知でしょう。キーカードは拾ったオペレーターのみが、7つのバンカーのうちの1つを開くことができます。

キーカードでバンカーを開くと、黄金、武器、装備などを入手できます。他のスクアッドが奇襲をかけてWarzoneの戦利品を奪おうとしてくるかもしれないので、バンカーには速やかに入って速やかに出るようにしましょう。

Capitalの足場や橋は、消防署や集合住宅などの施設が集まる中心街を屋上でつないでいます。

発掘作業が完了したDig Siteには頭蓋や骨がなくなっており、この陥没地帯にあった複数の遮蔽ポイントはもう存在しません。

Arsenalの乾ドックには船が停泊しています。アイテムやサプライボックスを探すと同時に接近戦に備えておきましょう。

Peakの頂上には新たに階段が設置されるなど若干の調整が加えられており、周辺の移動がしやすくなりました。

他にも、Peakの北に物資を調達するのに最適な工業地帯が新たに加えられています。

さらに、Summit東側のトンネル上の空き地には、新たな軍事キャンプが登場…

…そして、Gondola Stationの森林は伐採され、緑色の軍用テントが設営されています。GondolaからPeakの間には、干上がった川床を利用した階段状の傾斜が新設されました。北西の地点からメインステーションの間にも、同様の階段状の岩盤が続いています。

干上がった川は他にもあり、Peakの南東にある丘陵地帯を見ると主要な水域の一つが完全に蒸発しています。

Docks付近の浅瀬の水も引いているので走りやすくなりました。

他にも、Capitalを見下ろす巨大なFieldsの崖上の橋付近の水たまりも消滅しています。この橋の下の農地も、予想外の猛暑により干上がっています。

Radio StationやFactory付近でも、ちょっとした水浴びはもうできません。このエリアの川も干上がっていますが、露出した段差を利用して身を隠せるようになっています。

干ばつによって大きな打撃を受けた最後のエリアがVillageです。メインの川が完全に干上がり、オペレーターが探索してアイテムを探すチャンスが生まれます。

しかし、Calderaの水が全て蒸発してしまったわけではありません。Minesの北と南の両端には、川とは呼べないものの浅い水たまりが残っています。

ここまででCalderaに加えられた変更の大部分を紹介しましたが、本アップデートで探索すべき箇所はまだまだあります。新たに加えられたLogging Stationをはじめ、その他の細かいエリアアップデートも確認しながら、新バージョンのマップ探索をお楽しみください。

 

開発者からのヒントトップ10

私たちはWarzoneを熟知し、仕事終わりには「環境最強のロードアウト」を整えてプレイしていますが、High Moon StudiosとRaven Softwareの開発者たちから、この未知の領域に挑むにあたってのヒントをもらいました。

 

1. Fortune’s Keepは好奇心旺盛な人の味方。農家の泉の物語から、墓石まで、Fortune’s Keepにはたくさんの秘密が隠されています。敵のオペレーターがいつもと違う動きをしているところに注目するなど、周囲をよく観察しましょう。

2. 黄金のチャンス。傭兵達はFortune’s Keep周辺の開けた場所に大量の黄金を残しています。Keepのバンケットテーブルや、Wineryのワイン貯蔵室、墓地、Townの波止場、その他の目ぼしい場所をよく探しましょう。

3. Keepの攻略。オペレーターは要塞の壁からKeepを防衛しようとします。GrottoやTownの海岸線にある再配置バルーンを使って欄干を飛び越え、中に侵入して戦いましょう。

4. 身軽さが鍵。Townやその周辺は、建物の隙間や傘、看板などを利用してパルクールやジャンプスポットの戦略を学ぶのに最適なエリアです。これらを駆使して重要地点を駆け回りましょう。

5. Wineryで一息。High Moon Studiosによると、新重要地点の中でも島の東部は一番シンプルなセクションになっているそうです。新米プレイヤーや最初は着実にRESURGENCEをプレイしたいと思っているプレイヤーは、この付近を降下地点に選ぶのがお勧めです。

6. 交差点ではご注意。マップで最も往来が多いのは、Winery、Camp、Ligththouse、Keepを結ぶ交差点です。ここはマップを素早く移動するための中心地ですが、遮蔽物も少なく視界が開けているので、複数の重要地点間を移動する時に通るにはリスクを伴います。

7. Smuggler’s Coveからの脱出。特にサークル縮小中はSmuggler’s Coveとその入り組んだトンネルから身動きがとれなくなってしまいがちです。洞窟の壁に描かれた矢印を頼りに一番近い出口を探しましょう。その際は、周囲に点在している無料のガスマスクを拾うのもお忘れなく。

8. マーケットを訪れる前にキャッシュを入手。ブラックマーケット契約はゲームの流れを変えうるものであり、キャッシュが多いほど有利になります。この新契約を始める前に、キャッシュ回収イベントやその他の契約を完了したり、Fortune’s Keepを探索したりして黄金を貯めておきましょう。

9. お馴染みのStorage Townでの新たなアプローチ。CalderaのStorage Townの新ロケーションはAirfieldなどの隣接エリアにいる敵を狙撃するのに最適なポイントとなります。この人気エリアでは、これまでの知識を総動員してアイテムを集めたら、近くの崖や倉庫の上に登ってエリアを支配しましょう。

10. ターボブーストを活用!装甲SUVの最強の武器はそのターボブーストかもしれません。これを使って開けた一帯や敵が密集しているエリアから脱出したり、大ジャンプでCaldera中をショートカットしましょう。

 

全ての戦場で最前線を駆けろ。

Call of Duty®: Vanguardの詳しい情報につきましては、www.callofduty.comwww.youtube.com/callofdutyをご覧いただくか、Twitter、Instagram、Facebookで@SHGames@Treyarch@RavenSoftware@CallofDutyをフォローしてください。

 

© 2022 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION、CALL OF DUTY、CALL OF DUTY VANGUARD、CALL OF DUTY WARZONEおよびWARZONEはActivision Publishing, Inc.の商標です。

Activision製品に関するより詳しい情報は、Twitter Facebook、 Instagramで@Activisionをフォロー。

 

We're Hiring

Check Out Job Opportunities At Our Studios

Join Us

Our Teams

  • Game Design
  • Art & Animation
  • Brand Management
  • Production
  • Quality Assurance
  • Customer Support
  • Studio Operations
  • Programming
  • Finance & Accounting
  • Human Resources

ソフトウェアライセンスとサービス契約が更新されます。変更内容を確認するには、こちらのリンク [https://www.activision.com/ja/legal/ap-eula] をクリックしてください。