Call of Duty®コミュニティアップデート: Warzone™プレイヤー向けスペシャルブリーフィング

より健全で活動的なWarzone体験を皆様にお届するため、今回はコミュニティを重視したアップデートの新情報や、実装された修正点、本作の将来像についてお話しいたします。

  • 告知
  • シーズン2

Call of Duty®コミュニティアップデート: Warzone™プレイヤー向けスペシャルブリーフィング

より健全で活動的なWarzone体験を皆様にお届するため、今回はコミュニティを重視したアップデートの新情報や、実装された修正点、本作の将来像についてお話しいたします。

  • 告知
  • シーズン2

Call of Duty®: VanguardWarzoneシーズン2のローンチは、皆様のゲームプレイ体験をより良いものとする継続的な取り組みにおける新たなステップとなります。

この一週間、今シーズンで登場する新コンテンツの情報を多数お伝えしてきました。しかしこれらの新要素も、「コミュニティが大いに楽しめるゲームプレイ体験を提供する」というメインの目的があってのことです。

このためには既存のコンテンツへ改良と修正を加える必要がありました。シーズン2では、リリース延期中に実装されたパッチおよびリリース後にもアップデートを行うことで、この改良と修正を行うことを目的としています。

もちろん、今年はシリーズ全体でエキサイティングな計画が進められていますが、現状チームは今現在私達がプレイしているWarzone体験に注力し、不具合やコミュニティから寄せられた複数の重要なご要望等への対応を進めています。

現状の計画は下記のとおりです:

 

Warzoneが最優先目標です。

開発チームの最優先事項は「クオリティ・オブ・ライフ」(品質の向上)であり、Warzoneをコミュニティの皆様がよりプレイしやすく、ストレスの少ない作品へと改良したいと考えています。

その一例として、以下を含むシーズン2ローンチ時に実装される30種類の改善点が挙げられます:

    - あらゆる移動に関する要素の改善が行われました: 車両の操作性、低高度でのパラシュートの展開、乗り越え可能なオブジェクトの高さの調整、車両とプレイヤーの衝突判定の問題の修正。

    - ガスマスクのアニメーションがオペレーターのエイムを阻害しなくなりました。

    - アーマープレートを装着する際に、先に新品のものを装着してから損傷したものを入れ替えるようになりました。

これらの他にもバグや不具合の修正が行われます。シーズン2では、下記などを含む複数の問題に対処しています:

    - パフォーマンス及びストリーミングに関する問題。全プラットフォームにおける購入ステーションでのフリーズ、ボイスチャットの接続問題、グラフィックの不具合など。

    - 一定の距離で特定のオペレータースキンが見えなくなる不具合。

    - Warzoneランチャーが原因となっていた、Modern Warfare®マルチプレイヤーに関するブロッキング。

全スタジオのCall of Dutyチームは、コミュニティから寄せられるご意見やゲーム内で日々発生する事象を注視しています。これらは、開発段階で見つかりリリース前に修正できるもの以外の問題の特定と対処に大いに役立っています。

最終的には、コミュニティがWarzoneをより楽しめる環境を作ることが目的です。ゲームプレイが最優先事項であり、安定性を蔑ろにして新要素を追加することがないように心がけています。

もう一つの優先事項としてコミュニティとのコミュニケーションが挙げられます。このブリーフィングや、弊社ブログ、Raven Softwareのパッチノート、ソーシャルメディアやコミュニティ運営チームにより、プレイヤーの皆様にWarzoneVanguardを含むCall of Dutyシリーズの最新情報をお届けしてまいります。

 

最も多かったコミュニティのご意見について

全プラットフォームにおけるパフォーマンス向上の他にも、コミュニティの皆様から寄せられた数多くのWarzoneに関するご要望を頂戴しました。

コンソール向けの視野角(FOV)スライダーの導入はそのご要望の内の一つとなります。

コンソールにFOVスライダーを導入すると、旧世代コンソールを使用しているプレイヤーに大きなパフォーマンスの影響が出てしまいます。我々はWarzoneで、全プラットフォームでパフォーマンスに優れたプレイ体験を提供することを目指しています。そのため、今回コンソール向けのFOVスライダーの導入を行う予定はありません。

また、公式のコミュニケーションチャンネルでコミュニティから寄せられた全てのご要望に返信できていないことも認識しています。しかしながら、今後とも皆様から寄せられるご意見等に耳を傾け、事前に社内開発チーム内で活発で有益な議論を行った上で解決策の実装を行います。

シーズン2は引き続き行われるゲーム体験の改善における次の大きなステップとなります。今後ともコミュニティの皆様の貴重なフィードバックをお待ちしております。

 

今後の計画

最後に、2022年Call of Dutyシリーズの今後について少しだけ紹介いたします。チーム一同、下記の情報を共有できることを大変嬉しく思っています。

それではまたお会いしましょう。

    - 今年のCall of Dutyは2019年にリリースされたModern Warfareの続編になります。

    - 新作ゲームと新Warzone体験は新たに一から設計されています。

    - 新しいサンドボックスモードやプレイスペースが導入され、BATTLEROYALEが進化します。

    - 新作Call of DutyWarzoneには新しいゲームエンジンが採用されます。

    - 新作Call of Duty及びWarzone体験の開発はInfinity Wardが主導で行っています。

 

修正に関する情報や今後実装予定のアップデートの最新情報については@CallofDuty@RavenSoftware@SHGames@InfinityWardおよび@Treyarchをフォローしてください。

Call of Duty®: Warzone™の詳しい情報につきましては、www.callofduty.comwww.youtube.com/callofdutyをご覧いただくか、Twitter、Instagram、Facebookで@RavenSoftwareと@CallofDutyをフォローしてください。

Call of Duty®: Vanguardの詳しい情報については、www.callofduty.comwww.youtube.com/callofdutyをご覧いただくか、Twitter、Instagram、Facebookで@SHGames@Treyarch@RavenSoftware@CallofDutyをフォローしてください。

© 2022 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION、CALL OF DUTY、CALL OF DUTY BLACK OPS、CALL OF DUTY VANGUARD、CALL OF DUTY WARZONE、MODERN WARFAREおよびWARZONEはActivision Publishing, Inc.の商標です。

Activisionのゲームに関するより詳しい情報については@ActivisionをTwitter、Instagram、Facebookでフォローしてください。

We're Hiring

Check Out Job Opportunities At Our Studios

Join Us

Our Teams

  • Game Design
  • Art & Animation
  • Brand Management
  • Production
  • Quality Assurance
  • Customer Support
  • Studio Operations
  • Programming
  • Finance & Accounting
  • Human Resources

ソフトウェアライセンスとサービス契約が更新されます。変更内容を確認するには、こちらのリンク [https://www.activision.com/ja/legal/ap-eula] をクリックしてください。