Call of Duty®: Modern Warfare® IIとCall of Duty: Warzone™ 2.0のシーズン01: DMZをはじめとする注目ポイント

新時代に備えましょう。基本プレイ無料のCall of Duty: Warzone 2.0と待望のDMZモードのローンチ、Modern Warfare® IIのマルチプレイヤーでのコミュニティに人気のマップのリメイク版の登場、スペシャルオプスのレイドへの下準備、驚異的なコンテンツが満載の一年の究極のキックオフとなるシーズン01のハイライトに注目です。

  • ニュース
  • 告知

Call of Duty®: Modern Warfare® IIとCall of Duty: Warzone™ 2.0のシーズン01: DMZをはじめとする注目ポイント

新時代に備えましょう。基本プレイ無料のCall of Duty: Warzone 2.0と待望のDMZモードのローンチ、Modern Warfare® IIのマルチプレイヤーでのコミュニティに人気のマップのリメイク版の登場、スペシャルオプスのレイドへの下準備、驚異的なコンテンツが満載の一年の究極のキックオフとなるシーズン01のハイライトに注目です。

  • ニュース
  • 告知

新時代が幕を開ける

覚悟を決め、降下の準備に取り掛かりましょう。            

11月17日(日本時間)に開始となるCall of Duty®: Modern Warfare® IIのシーズン01とCall of Duty®: Warzone™ 2.0では、全方位のアクションをお届けします。大規模な基本プレイ無料のバトルロイヤル体験の新バージョンとなり、待望のDMZモード、マルチプレイヤーのリメイクマップ、レイドの初エピソードに先駆けたスペシャルオプスの追加任務が登場します。 最新のバトルパスやサッカーがテーマのイベントなどを通じて、両方のゲームで大量のコンテンツが入手できます。

Modern Warfare® IIのシーズン01とWarzone 2.0™は11月17日午前3時(日本時間)に配信されます。Modern Warfare IIのシーズン01アップデートは11月15日午前3時(日本時間)に行われます。全プラットフォームで11月15日午前3時(日本時間)からWarzone 2.0をプリロード可能です。

 

WARZONE 2.0概要

  • Warzone 2.0の拠点となるアル・マズラ: 18カ所の主要な重要地点が存在するので、バトルロイヤルで勝利への筋書きを描くために利用したり、最新のDMZ体験での脱出の道中で探索してみましょう。      
  • 新時代への準備: 大量のゲームプレイの革新と新要素により、Warzone 2.0が素晴らしい体験となっています。Call of Duty®: Next以降、コミュニティから得た知見を基に設計が行われました。       
  • 視点の転換: サードパーソンプレイリストがシーズン中にWarzone 2.0に登場: シーズン01期間中に、Warzone史上初めて、3人称視点のバトルロイヤルをお届けします。      

 

アル・マズラへようこそ — 新大規模マップ

Modern Warfare IIの世界の中心となるアダル連邦共和国のアル・マズラの街が、Warzone 2.0の最初の戦場となります。

Modern Warfare IIを現在プレイしている人は、アル・マズラでかなりの訓練を積んでいることになります。例として、以下のマルチプレイヤーマップはこの広大な地域の一部分になっています:

  • アル・バグラ・フォートレス(コアマップ)
  • エンバシー(コアマップ)
  • ザルクワ・ハイドロエレクトリック(コアマップ)
  • タラク(コアマップおよびバトルマップ)
  • サリフベイ(バトルマップ)
  • サイード(バトルマップ)

こちらではアル・マズラの簡単な概要をご紹介しました。ローンチ前に公開予定のさらなるマップガイドにご期待ください。

 

Warzone 2.0の革新、Call of Duty: Next以来のアップデート

Call of Duty: Warzone 2.0が劇的な登場を飾ります。Call of of Duty®シリーズの概念を塗り替える、基本プレイ無料・誰でも無料の一新されたバトルロイヤルゲームに挑みましょう。

シーズン01のローンチ前には、Call of Duty: Nextでの公開以来アップデートされた新機能やメカニズムの詳細に特化したブログを公開予定です。現時点でご紹介できる最大の注目ポイントはこちらです:

 

ロードアウト継続

Warzone 2.0にカスタムロードアウトが戻ってきます。

初代Call of Duty®: Warzone™と同様に、このゲームをユニークなものにするという点でロードアウトが大きな役割を果たし、そしてこの新時代で、プレイヤーはロードアウトのメインの恩恵である「メイン武器」をより素早く入手できるようになります。ロードアウトもしくはメイン武器を獲得するには3つの方法があります:

  • ショップ – プレイヤーはマッチ内のキャッシュをショップ(購入ステーションの新名称)で使用して、自分で作成したロードアウトからメイン武器を購入することが可能です。
  • ロードアウトドロップ(公開イベント) – バトルロイヤルのマッチ中、ロードアウトドロップがアル・マズラに投下されます。しかし、これは個々のスクアッドに限定されたり割り当てられたものではなく、どのプレイヤーでも利用できます。
  • 要塞とブラックサイト – プレイヤーは要塞やブラックサイトの制圧報酬として、ロードアウトをゲームの初期段階で獲得することもできます。

さらに、マッチ内のキャッシュは作成したロードアウトのメイン武器を購入するのに使用できます。

 

戦利品メカニズム: 現存するバトルロイヤルの従来システム、DMZの新バックパックシステム

Warzone 2.0では新バックパックシステムが導入され、DMZで完全統合され、バトルロイヤルモードにも登場します。

バトルロイヤルでは、以前のWarzoneのように、サプライボックスから回収可能なアイテムが手に入ります。プレイヤーがダッフルバッグやメディカルケースなどの他の戦利品コンテナにアクションを実行すると、戦利品メニューが機能します。

プレイヤーがデスすると、メイン武器を地上にドロップし、残りの中身が入っているバックパックには戦利品メニューでアクセスできます。

 

新強制収容所の特徴

Nextの後、新強制収容所は従来のWarzone体験に根差しつつも、2カ月の間にいくつか変更が加わっています。

強制収容所では2V2で、ランダムにペアを組んだデュオで協力して、対戦相手を倒さなければなりません。全プレイヤーはあらかじめ決められたロードアウト(ローンチ時はピストルまたはショットガン、リーサルグレネード、タクティカルグレネード)を受け取り、優れた効果を持つ武器やギアがマップ中央方向に配置されています。

強制収容所には看守も存在し、マッチの最中に現れて戦闘を加速させます。看守を倒すことで4人の強制収容所の捕虜はバトルロイヤルの戦場に戻れます。これにより、両方のデュオが休戦して共にこの強力な敵に立ち向かうことに合意するか、欲を出して相手を排除することで勝利を掴むかのジレンマが生まれます。

従来のオーバータイムのメカニズムの代わりに、一定時間経過後にどちらかのチームあるいは看守が排除されなかった場合、4人のオペレーター全員が敗北となります。

 

バトルロイヤルに登場するAI戦闘員: 要塞、ブラックサイト、強制収容所のオーバータイムのみ

強制収容所はプレイヤーがAI戦闘員と戦える3つの場所の内の1つとなっています。AI戦闘員には特定の場所を防衛するという制限がかけられています。

残りの2つは要塞とブラックサイトで、ゲーム内のTACマップで明確に示されているので、AI戦闘員と交戦することを自ら選べます。

各マッチの最中に、複数の要塞がマップ各地で有効化されます。スクアッドはこのエリアに向かい、AI戦闘員と戦うことが可能です。最初に要塞を攻略したチームは爆弾を解除しなければなりません。そしてブラックサイトの鍵とカスタムロードアウトを獲得します。後続のチームは特定数の防衛者(AIまたはプレイヤー)を排除すれば、彼らのカスタムロードアウトを獲得できますが、ブラックサイトの鍵は手に入りません。

ブラックサイトは要塞の危険度が増した形ですが、制圧すれば永久武器設計図報酬とさらに価値の高いマッチ内アイテムが手に入ります。これらは、有効化された要塞の1つをクリアした最初のチームに与えられる、ブラックサイトの鍵を使わないと手に入りません。

 

追加の新要素: 水中戦、新しい乗り物と燃料メカニズム、その他多数

Nextで見たものから全てが変化するわけではありません。その他の一部新機能に加えて、Warzone 2.0では次の内容が登場します:

セーフゾーン縮小

セーフゾーンは1カ所に留まりません。バトルロイヤルモードでは、縮小の最中で最大3つのサークルが発生し、最終局面で再統合されます。この要素は各マッチでランダム化されているため、それに合わせて戦略を調整しましょう。

エリアチャット

何か言いたいことがある人へ。通信機能が登場しました。ゲーム内のチャット内容は他のスクアッドから傍受される可能性があります。これにより、交戦に臨む際の新たな方法が切り開かれます。もしくは建物内に立てこもっている敵を混乱に陥れることができます。

加盟(アシミレイション)

スクアッドベースのDMZモードでは、特別なバトルロイヤルプレイリストと同様に、敵のオペレーターと合流し、より大規模なスクアッドを形成する選択肢があります。

尋問(バトルロイヤルとDMZのみ)

スクアッドベースのモードでは、情報が全てです。プレイヤーが操作する敵がダウンしている時に尋問に成功すれば、敵の位置を明らかにできます。

装甲ヘリとハマーEV

Warzone 2.0で一新された乗り物の中の2種類をご紹介します。装甲ヘリとして知られる、操縦士なしで滞空可能なパワータイプの航空機、そしてGMCハマーEVは汎用性の高い移動手段で、この全電気式スーパートラックによりスクアッド全員で難所を素早く走破できます。

アル・マズラで見つけられる乗物の一覧はこちらです:

ATV: 機動力が高く防御の薄い3人乗りの車両。

UTV: 軽量で全地形対応の4人乗り車両。

ハッチバック: 目立った防御装備のない4ドアの民間車両。

SUV (スタンダード): 全地形対応、箱型フレーム、4x4の民間車両。

GMCハマーEV: オフロード向けに設計された全電気式スーパートラック。

貨物トラック: 荷台付きの大型産業車両。

小型ヘリ: 迅速な移動や戦闘支援向けのツインエンジン搭載の小型ヘリ。

装甲ヘリ: 重装甲の捜索救助ヘリコプター。

RHIB: 特殊部隊のために設計された高機動のタクティカルボート。

装甲哨戒艇: .50口径のマシンガンを搭載した強化哨戒艇。

乗り物、燃料、ガソリンスタンドのメカニズム

無制限の燃料源はもはや存在しません。全ての乗り物(もちろんEVも含まれます) は、時間の経過とともに燃料を消費します。燃料切れになると、その乗り物は使えなくなります。乗り物はマップ中にあるガソリンタンクかガソリンスタンドで燃料補給が可能です。

ガソリンスタンドでは車体の損傷やタイヤの修理で、乗り物の耐久力も回復できます。しかし個々のタイヤにアクションを実行することで、オペレーターはどこにいてもタイヤのパンク修理を行うことが可能です。

水中戦

勝利のための戦略の一環として、オペレーターは船に乗ったり平泳ぎをしたりして、水路、川、大海原を移動できます。覚えておきたいのは、水中で使えるのはサイドアーム、近接武器、投げナイフだけだということです。水上や水中でリーサル装備、タクティカル装備の様々な破壊効果の可能性も試してみてください。

ショップ: 購入ステーション2.0

各購入ステーションには、キルストリーク、アーマープレート、その他多数のユニークなアイテムのセットが数量限定で登場します。新しいインターフェイスで、これらのアイテムをチェックしたり、やられたスクアッドメイトを買い戻すことが可能です。

 

DMZ — 完全に新しいWarzone体験で、自分に合った楽しみ方でプレイしよう

従来のWarzoneのバトルロイヤル ソロ、デュオ、トリオ、クアッドモードに加えて、Warzone 2.0はDMZとして知られる最新体験と共にローンチとなります。

DMZはオープンワールドのストーリー重視の脱出型モードです。オペレーターにより構成されるスクアッドで、脱出を目指して生き延びるために戦う中で、思いのままに派閥ベースの任務を完了したり、追加のサブ目標に挑んだり、敵オペレーターやAI戦闘員と交戦したり、価値の高いアイテムを探したりすることができます。

来週ローンチが近くなった時に、このモードの戦術概要を公開する予定です。

 

シーズン中に登場: サードパーソンプレイリスト

Nextで発表された通り、Warzone 2.0にはサードパーソンプレイリストが登場します。

この視点の転換により、Call of Dutyにおけるバトルロイヤルに根本的な変化がもたらされ、異なる視点での戦法や、変化がありつつも従来同様にアクション満載のゲームプレイの感覚が楽しめます。Modern Warfare IIの所有者は、既に同ゲームのマルチプレイヤーで3人称視点の感覚を体験しているかもしれません。

サードパーソンプレイリストは、シーズン01期間中にバトルロイヤルの週間ローテーションで登場します。

 

Warzone休止、Call of Duty®: Warzone™ Calderaとしての再ローンチ

Warzone 2.0を見据える一方で、Call of Duty: Warzoneに関する計画もお話ししたいと思います。

Call of Duty: Warzoneへのアクセスは11月17日(日本時間)までは通常通り継続し、Warzone 2.0のローンチ期間中に短期間の「休止」が行われます。

  • 11月17日午前1時(日本時間)前後に、Call of Duty: Warzoneのサーバーは一時的にオフラインとなり、Call of Duty®: Vanguardのシーズン5が終了します。
  • 11月17日午前3時(日本時間)前後に、Call of Duty: Warzone 2.0はModern Warfare IIシーズン01の一部としてリリースされます。
  • この期間中、各スタジオ開発リソース(Raven Software主導)は、Warzone 2.0の基本プレイ無料の新エコシステムが効率的に動作しているかを確認することに注力します。
  • この際に、Warzone 2.0に無料で参戦してプレイすることをお勧めします。
  • Warzone 2.0のエコシステムが完全に安定したら、アメリカの感謝祭を祝う開発者のための小休憩の後、Warzoneは独立したCall of Duty: Warzone Calderaとして再ローンチされる予定です。こちらは11月29日午前3時(日本時間)前後に行われます。
  • 感謝のしるしとして、Call of Duty: Warzoneをプレイしてくれた皆さんには、Warzone 2.0で使えるアイテムをいくつかお贈りします。

 

再ローンチ: Call of Duty: Warzone Caldera

再ローンチに伴い、2種類の異なるWarzoneをプレイ可能になります: Warzone 2.0とWarzone Calderaです。

Warzone 2.0の武器、進捗、所持品システムはModern Warfare IIの新コンテンツとシステムに紐付けられます。これはコミュニティからのフィードバック、技術的な制限、そして今後スムーズなプレイヤー体験を作り出すために、次なる最新のWarzoneをシンプルにする必要性などの要因が組み合わさった結果によるものです。

Call of Duty: Warzone CalderaModern Warfare IIWarzone 2.0とは別のゲームとして存続します。Warzone Calderaがローンチされた際には、次のゲームプレイ体験が見込まれます:

  • プレイヤー進捗、XPと武器XPのクロスプログレッション、所持品、バトルパスコンテンツ、武器、ストアバンドル、その他のCall of Duty®: Modern Warfare® (2019)Call of Duty®: Warzone™Call of Duty®: Black Ops Cold WarおよびCall of Duty®: Vanguardでの購入内容は、Warzone Caldera(とそれぞれのゲーム内)でのみ利用可能になります。
  • 通常のバトルロイヤルプレイリストが利用できます。
  • Modern Warfare IIまたはWarzone 2.0の新しいバトルパスやストアバンドルをはじめとするコンテンツは利用できません。
  • ダブルXPやダブル武器XPトークンはWarzone CalderaWarzone2.0の間では共有されません。
  • Warzone Calderaにはゲーム内ストアがありませんが、CODポイントは全ゲーム間で共有となります。
  • Rebirth IslandとFortune’s KeepのマップはCall of Duty: Warzone Calderaがプレイ可能になった時に存在しなくなります。
  • 小規模バトルロイヤルマップのファンの皆さんは、Warzone 2.0の今後のシーズンにおけるエキサイティングな開発コンテンツにご期待ください。

 

MODERN WARFARE IIの概要

  • シュートハウス、シップメントが生まれ変わって登場。迷彩チャレンジへの挑戦やアクション満載のマップでの大混戦に備えましょう。
  • CDLモッシュピットが開始。今後のシーズンでModern Warfare IIのランクモードが導入される前に、スクアッドと共に公式マップとルールを練習しましょう。
  • 新たなスペシャルオプスミッション、レイドエピソード1がシーズン中に登場。デュオの仲間と共に、陸上と空中にいる敵を攻撃し、Modern Warfare IIの物語が続く、手強いレイド体験に備えましょう。

 

シュート・ザ・シップ II — シュートハウス(ローンチ時)、シップメント(シーズン中盤)

シーズン01では、Modern Warfare (2019)の2つの人気マップ「シュートハウス」と「シップメント」のリメイク版が登場します。 これらのマップは迷彩解除の戦いに明け暮れる兵士達の聖地であり、激しくも楽しいアクションが体験できるため、非常に親しまれています。

 

シュートハウス(ローンチ時)

ラス・アルマス南部のジャングルに位置するシュートハウスの新拠点は、カルテルの傭兵をメキシコ特殊作戦群のオペレーターと同等のレベルまで訓練することを目的に建てられました。この実弾射撃施設は今まで同様に非常に危険な場所で、あらゆるプレイスタイルに対応する、3つのレーンに分かれた小規模マップとなっています。

 

シップメント(シーズン中盤)

大西洋の荒波に乗り出した貨物船を舞台に、新たなシップメントでは究極にコンパクトなマップならではの大混戦が楽しめます。以前のバージョンでは可能だった、マップの境界線周辺や境界線外での移動についてはどうでしょうか?気が付いたら海に流されているかもしれません...

 

CDLモッシュピットでマルチプレイヤーのランクマッチに向けて準備しよう

今後のModern Warfare IIのシーズンにおいて、TreyarchはInfinity Wardやその他のパートナーと協力し、同ゲーム最高峰の大会であるCall of Duty Leagueをモデルにしたランクプレイ体験をマルチプレイヤーで提供する予定です。

既に発表されているように、Modern Warfare IIのランクプレイは過去2年間の継続的なフィードバックに基づき、ランクスキル階級、可視化されたスキル評価、トップ250のランキング、そして最も優秀なオペレーターに相応しい報酬や、新機能の数々が盛り込まれます。

このモードはまだシーズンアップデートに向けて調整中ですが、開発者によってシーズン01の特別なCDLモッシュピットプレイリストが作成されました。

このプレイリストでは、Leagueの基本ルール、制限事項、マップローテーションが、3つの公式ゲームモード「ハードポイント」、「サーチ・アンド・デストロイ」、「コントロール」全てで適用されます。

最も好戦的なスクアッドメンバーを最大3人集めて、ランクプレイの練習をしましょう。スキル評価に影響が出ない今のうちに、厳しい敗戦を経験しておきましょう。

 

スペシャルオプス — 新ミッション(ローンチ時)、レイドエピソード1(シーズン中盤)

シーズン開始時にデュオを連れて、究極の試練となるトリオに備えましょう。シーズン01では、スペシャルオプスに新たなミッションとレイドの最初のエピソードが登場します。

 

高台

敵の通信サーバーを発見し破壊に成功すると、敵の重要な情報が入った3つのハードディスクを発見して回収することができます。オペレーターの1人が攻撃ヘリを操縦して危険な地雷を除去し、もう1人はAIの味方と協力し、地上攻撃チームの一員として敵の装備がある建物に潜入することになります。

このミッションをリプレイして3つの週間スターを、そしてデイリーチャレンジに挑戦して追加のスターを獲得しましょう。

 

シーズン中盤に登場: レイドエピソード1

Modern Warfare IIキャンペーンの物語を引き継ぐ形となるレイドは、ステルス、スケールの大きいアクション、そして問題解決能力が試される目標が組み合わさり、トリオにとっての究極の試練となるでしょう。

シーズン中盤には、戦術の概要とレイドの追加情報をお届けします。

 

ティア1と戦闘記録

ティア1プレイリストはシーズン01の開始時に利用可能となります。このプレイリストでは、体力が減少し、HUDの要素が制限され、より実践に近い体験ができるよう味方への誤射が有効になります。

戦闘記録もModern Warfare IIのシーズン01で登場します。詳細は後日発表します。

今後登場する機能のローンチにつきまして、辛抱強くお待ちいただきありがとうございます。

 

シーズン01全般の概要

  • 新たなバトルパスに、さらなるプレイヤーの選択肢が追加。新しいバトルパスを制覇して、選んだマップのセクターから無料アイテムとプレミアムアイテムを好きな順番で解除しましょう。
  • 4つの武器、6人のオペレーター。新たな武器プラットフォーム×2、トリオ×2 — エリート兵士と最高峰のサッカー選手が、皆さんの武器庫やオペレーターのラインナップを強化してくれます。
  • シーズンプレステージシステム。ミリタリーランクを制覇したプレイヤーには、新たな試練と報酬が待ち受けています。

 

新たなバトルパスが登場

Modern Warfare (2019)のシーズンでは、ゲームをプレイするだけで、機能的な武器やCall of Dutyポイントなどのアイテムが無料で手に入るバトルパスシステムが存在しました。新しいオペレーターや武器設計図など、アップグレードして100以上のアイテムを利用できるようになり、コミュニティが獲得もしくは購入するコンテンツを可視化できるようにしていました。

シーズン01では、革新的な要素が詰まった新バトルパスを導入し、プレイヤーにはこれまで以上に多くの選択肢と自由度が与えられます。

バトルパスは、画面下にスクロールで表示される直線上のティアではなく、複数のセクターからなるマップ形式に変わります。各シーズンのテーマに沿ったこのマップから、獲得したバトルトークンのティアスキップを使ってアイテムを解除できます。各マップには少なくとも20のセクターがあり、各セクターには5つのアイテムがあります。トークンを使って隣接するセクターを解除するか、解除済みのセクターからより多くのアイテムを獲得することが可能です。

つまりこのトークンを使えば、バトルパス内の特定のアイテムを自分のペースで解除できることになります。無料で手に入る新武器やクールな新オペレータースキンなど、マップ制覇への道中で早めに解除したいアイテムに合わせて進み方をコントロールできます。目を奪われるようなオペレータースキン、武器設計図、新武器をお探しの方へ。適切なセクターを選び、トークンを獲得してそのアイテムの解除を始めましょう!

新しいバトルパスの詳細については、次週のお知らせをご確認ください。

 

4つの新武器。2つはバトルパスで無料で入手可能

鋭い洞察力を持つプレイヤーであれば、Modern Warfare IIのキャンペーンをプレイ中に、今シーズンのバトルパスシステム内にある機能的な武器をどちらも見かけた(さらには使用した)かもしれません。現在、マルチプレイヤー、スペシャルオプス、Warzone 2.0の各モードで使用可能となっています。ローンチ時にVictus XMRとBAS-P(SMG)が、シーズン中にChimeraとM13B(アサルトライフル)が登場します:

 

Victus XMR(スナイパーライフル) — Imperatoriumプラットフォーム(ローンチ時、バトルパス)

威力の高い50口径弾を用いるボルトアクション式スナイパーライフル。タングステン製の貫通弾で速度と威力が増したが、長距離から狙うには精密なショットが必要。

解除方法: バトルパスの無料武器。

 

BAS-P(SMG) — Bruen Opsプラットフォーム(ローンチ時、バトルパス)

強烈な連射速度とモジュラーフレームにより、サブマシンガンのカスタマイズを望む目の肥えたオペレーターに最適なものとなっている。亜音速弾により敵チームにキルスカルを表示しない。

解除方法: バトルパスの無料武器。

 

Chimera(アサルトライフル) — Bruen Opsプラットフォーム(シーズン中盤)

一体化したサプレッサーと、低速で高エネルギーの.300BLK弾を搭載し、接近戦に長けている。亜音速弾により敵チームにキルスカルを表示しない

解除方法: ストアバンドルまたは武器解除チャレンジ。

 

M13B(アサルトライフル) — Bruen Opsプラットフォーム(ローンチ時)

ストロークの短いピストンシステムにより、高い連射速度と低反動を実現。

解除方法: ストアバンドルまたは武器解除チャレンジ

重要: どの新武器もModern Warfare IIに登場する他の武器アタッチメントを使用することができます。また、全ての武器で使用可能な新しい基本迷彩も解除され、オリオンマスター迷彩への進捗にカウントされます。

 

スクアッド目標: 6人の新オペレーター

テロ対策組織のナイジェリア人創設者。エリート特殊部隊のデンマーク兵。そして、タスクフォース141の精鋭の一人。

この3人は、シーズン01で利用できるオペレーターの中でも最も優秀なエリート兵士たちです。各兵士の経歴を紹介します:

 

ゼウス(ローンチ時)

南ニジェール・デルタの家に生まれたゾサール・カルは、3人兄弟の長男だったため、政治的野心に固執していた両親に代わり、カルが下の子たちの面倒を見ていた。彼のあだ名は、生まれつき発話障害を抱えている一番下の弟に由来している。カルの名前を「ゼウス」と発音していたからだ。

兵役につき、ナイジェリア陸軍特殊大隊に魅了され、同じ特殊部隊の隊員として出世していった。同じ頃、彼の家族は国政選挙に関わるようになっていたが、地元のアル・カターラの組織によって悲劇的な死を遂げてしまう。

孤児となったゼウスは、その名前にちなんだテロ対策組織「サンダー」を起ち上げ、アル・カターラが潜む場所を探し出し、正義の鉄槌を下すために尽力している。

解除方法: シーズン01のバトルパス購入で自動的に解除されます。

 

クラウス(シーズン中盤)

デンマークのエリート特殊部隊に所属するクラウス・フィスカーは、オペレーターの間で生きる伝説とされている存在。

彼の暗視能力(夜間視力)は、文字を読める以前に、真っ暗闇の中で1マイル移動できるほど強力だったという説もある。また、彼の卓越した訓練実績を目の当たりにした者もおり、演習中も持ち前の楽観的な性格で仲間をリードしていた。

そしてある夜、父からの教えを役立て、ウルジクスタンの国境で負傷した仲間を最寄りの基地まで18マイル運んだことで伝説にその名を刻んだ。負傷した兵士が持っていた異常な量のチョコレートとともに...

ギャズ(シーズン中盤)

プライスの右腕であるギャズは、ピカデリー・サーカスを襲撃した際の勇姿が、SASブラボーチームの優秀な隊長の目に留まり、2019年に伝説の存在となった。そして、プライスが率いるタスクフォース141として知られる精鋭部隊に入隊。

Modern Warfare II キャンペーンのイベント中、アル・カターラからのCIAのケイト・ラズウェル救出にあたって極めて重要な役割を果たした。プライス、ゴースト、ソープ、ファラが所属するレッドチーム141の仲間たちと共に、世界の平和を守るスペックグルーに貢献することになる。

解除方法: クラウスとギャズはシーズン中盤のアップデートで登場するバンドルから入手可能です。

また、サッカーをテーマにした3人のオペレーターが期間限定で登場します。

 

スクアッド目標: Modern Warfare FCがシーズン中にキックオフ

呼び方は何であれ、あのサッカーの国際試合がModern Warfare FCイベントでシーズン01に影響を及ぼします。

イベント期間中、特別な期間限定バンドルを入手することで、世界トップクラスのアスリート3人を自分のオペレーターチームに起用することができます。11月22日(日本時間)に登場するネイマールJr.、11月26日(日本時間)に登場するポール・ポグバ、11月30日(日本時間)にオペレーターのハットトリックを飾るレオ・メッシです。

期間限定モードのCODボールやコミュニティ向けミニゲームのSupport Your Team Pick’emなどに関するさらなる詳細に関しては、シーズン中にご紹介します。

 

永続的なプレステージ: シーズン進捗の公開

今年からランク55以上にレベルアップをすると、各シーズン終了時にリセットされる代わりに、全シーズンを通して永続的なプレステージランクが獲得できるようになります。

シーズン01より開始となり、ランク56到達でプレステージ1が解除されます。エンブレム、追加報酬、一連のチャレンジが付与され、これらのチャレンジを完了することで、限定のコーリングカードが解除可能です。

シーズン01ではさらに4つのプレステージランクが追加され、新たなチャレンジと報酬が解除されます。

  • プレステージ2: ランク100で解除
  • プレステージ3: ランク150で解除
  • プレステージ4: ランク200で解除
  • プレステージ5: ランク250で解除となり、シーズン01終了までのレベル上限となります。

シーズン01の終了後には、プレステージランクの途中から順位を上げることができるようになります。これにより、レベルアップに十分な時間が取れないプレイヤーは、後々のシーズンで追いつくことが可能です。また、そのシーズン中に最大ランクに到達したプレイヤーの進捗はリセットされません

 

その他の概要

  • Call of Duty League2023のシーズンが開幕。最初のMajorではC.O.D.E. Bowl IIIも開催されます。12月15日~18日(東部時間)に開催され、ゲーム内でローンチパックとチームパックを手に入れることができます。
  • 今すぐModern Warfare IIにアップグレードしましょう。所有者は、Warzone 2.0のプレミアムXPや12人以上のオペレーターなどを解除できます。秘蔵版を入手すればさらなるコンテンツが獲得可能になります。
  • PilotまたはFlying Jトラベルセンターでの募金Call of Duty基金を支援しましょう。

 

退役軍人の日を記念してCall of Duty基金を支援

11月13日(現地時間)まで、対象のPilotまたはFlying Jトラベルセンターの店頭での購入額を切り上げて、その差額をCall of Duty基金への支援金として寄付します。2019年以降、Pilot Companyと支援者は6,000人以上の退役軍人に支援を行っており、その数は増え続けています。

 

Call of Duty League MajorのC.O.D.E Bowl IIIはシーズン中盤に開始

Call of Duty基金に関して言えば、シーズン01中盤のアップデート直後の12月15日~18日(東部時間)にかけてノースカロライナ州ローリーで行われる第1回Call of Duty League Majorにおいて、USAA主催のCall of Duty基金(C.O.D.E.) Bowl IIIが12月17午前2時~午前6時(日本時間)に開催されます。また、Call of Duty League Majorでは、第1回Call of Duty Challengers Openも開催されます。スクアッドと共に栄光への道を歩み始める覚悟があるのであれば、こちらから詳細をご確認ください

第1回Majorのチケット販売時期など、詳しくはLeague公式サイトをご覧ください。

 

Call of Duty Leagueの新たなローンチパック、チームパックが登場

シーズン01の期間中、Call of Duty League™の早期復活を祝福して、2023年のシーズン用に特別なローンチパックをご用意します。また、League全12チームのチームパックを発売します。

シーズン01のローンチに向けて情報を随時更新していきますので、ぜひお見逃しなく。

 

ブラックフライデーにCall of Duty Shopで装備を整えよう

Call of Duty Shopでは、11月15日~11月28日(現地時間)にかけてブラックフライデーとサイバーマンデーの特別セールを開催します。全アイテムが20%オフとなります。

知らなかった方はセール日に関する詳細をチェックして、Call of Duty Shopで装備を整えましょう!

 

まだ間に合う。MWIIの所有者オファー、秘蔵版へのアップグレード

生年月日を入力してください。

開始日時: 月: :

シーズン01開始前の今こそ、Modern Warfare IIを手に入れる絶好の機会です。

Modern Warfare IIを購入すると、3つのモードで多くのコンテンツが手に入ります。両ゲームで使用できる14人の限定オペレーターを解除できるほか、マルチプレイヤーやスペシャルオプスを通じて、30種類の武器プラットフォームと50種類以上の武器を素早くレベルアップできるようになります。

Modern Warfare IIの所有者は、Warzone 2.0のプレイ中にもプレミアムXPを獲得できます。各マッチの終了時に、全プレイヤーが獲得するXPに加え追加のXPが付与されます。

さらに、すでに述べたようにModern Warfare IIの所有者は、シーズン中盤に追加される初登場のレイド、シーズン01に登場するすべてのコンテンツにアクセスできます。

さらなるオファーを望む人は、秘蔵版へのアップグレードを検討してください。レッドチーム141に所属する4人のオペレーター、ゴースト、ファラ、プライス、ソープのほか、50以上のアタッチメントを含む武器設計図の究極版であるFJX Cinder(武器保管室)、シーズン01バトルパスと50バトルトークンティアスキップなどが手に入ります。

 

存分にお楽しみください。それではまた!

© 2019-2022 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION、CALL OF DUTY、CALL OF DUTY BLACK OPS、CALL OF DUTY VANGUARD、CALL OF DUTY WARZONE、MODERN WARFAREおよびWARZONEはActivision Publishing, Inc.の商標です。その他の商標や製品名はその所有者に帰属します。

詳細はwww.callofduty.comwww.youtube.com/callofdutyをご覧いただくか、@Activision@CallofDutyをTwitter、Instagram、Facebookでフォローしてください。

We're Hiring

Check Out Job Opportunities At Our Studios

Join Us

Our Teams

  • Game Design
  • Art & Animation
  • Brand Management
  • Production
  • Quality Assurance
  • Customer Support
  • Studio Operations
  • Programming
  • Finance & Accounting
  • Human Resources

ソフトウェアライセンスとサービス契約が更新されます。変更内容を確認するには、こちらのリンク [https://www.activision.com/ja/legal/ap-eula] をクリックしてください。