新たなWarzoneへようこそ: Verdansk ‘84の概要

ここでは、無料でプレイ可能なWarzoneのVerdansk各所に実装された大小20の主要な変更点を含む大型アップデートの情報をご紹介します。

新たなWarzoneへようこそ: Verdansk ‘84の概要

ここでは、無料でプレイ可能なWarzoneのVerdansk各所に実装された大小20の主要な変更点を含む大型アップデートの情報をご紹介します。

生年月日を入力してください。

開始日時: 月: :

1984年へようこそ: 生まれ変わったVerdanskに今すぐ飛び込もう!

Warzoneの新時代の到来を告げるシーズン3では、マップが一新された1984年のVerdanskが登場します。ローンチから1年と1ヶ月が経過したWarzoneを象徴するVerdanskは、ゲームプレイの最適化のために刷新され、より多様な戦闘体験を可能にすると同時に、時代を遡ることでBlack Ops Cold Warの重厚なストーリーと完全にリンクするようになっています。

以下では、ほんの一部ですが現時点でプレイ可能な内容をご説明します。新ロケーションおよび刷新されたロケーションはどのように変わったか?Warzoneの様式全体および戦術に与えうる影響は?詳細情報についてご紹介していますので、ぜひご覧ください!

舞台は1984年のVerdansk。2021年版の戦略ガイド。最新版かつ無料

無料かつインタラクティブで、1984年が舞台の最新版 – Warzone公式戦略ガイドはシーズン3を記念して、Verdanskと同規模の徹底的な見直しを行いました。

このアップデートには、大部分の精鋭オペレーターが使用するような新たな戦術、300を超えるヒント、メタベースのロードアウトに関する提案が含まれ、さらに生まれ変わったVerdanskの登場に伴い、インタラクティブな地図帳「ATLAS」で400を超える重要地点が詳細に記されています。

ガイド全体をご覧になるには、こちらをクリックしてください

注: ガイドにアクセスするにはインターネット接続が必要ですが、Call of Dutyのアカウントにログインしなくても見ることができます。

以下では、1984年に時を戻したWarzoneでVerdanskに実装された20の主要な変更点をご紹介します。

 

 

Verdanskの主要な変更点20選

1. Gora Summit

この広大なロケーションには、中央の島にある基地、稼働するゴンドラを備えた3つのゴンドラ駅、また、徒歩、乗物、アセンダーで登ることのできる下流の渓谷が配置されています。反対側にはヘリポート、2つの司令部があり、そのうちの1つは岩でできた島に建てられています。

このロケーションだけでも多くのマルチプレイヤーマップよりも大きく、第1作目のBlack Opsからの歴戦のプレイヤーには馴染深いものと言えるでしょう。

2. Gora Viaduct

山頂の前面にある渓谷を繋ぐこの高架橋は19世紀の工学技術を結集して作られたもので、Gora River Valleyにまたがっています。また、この渓谷は上流に配置されたダムによって緑豊かな草原となっています。

ここでは、アセンダーを見つけたり、ゴンドラの屋根に向かって橋から飛び降りたり、乗物で壮大なスタントなどを行うことが可能です。また、正確な計算ができるプレイヤーは、ここの最高に見晴らしの良い地点から遠方の敵を狙撃してみるのもよいでしょう。

3. Verdansk Regional Airport

国際空港になる以前は、単なる地方空港に過ぎませんでした。

傷一つ付いていない屋根がその真新しさを物語っているこの地方空港には、滑走路下の通路出口、隠れるときに利用できる駐機された2機の航空機、そして天窓がいくつかあり、ちょっとした破壊行為を楽しみたい場合は天窓を突き破って進むことも可能です。

管制塔も改装され、内部には1980年代当時の最新航空宇宙技術が備わっています。

4. Old Verdansk Stadium

新スタジアムの建設に備えて旧アリーナの解体が始まっているため、この時代の「ヴェルダンスク・スパークス」はカストビアにある別の場所で試合をしています。

今のところ、解体現場はまだ入ることができ、現代のスタジアムと比較するとはるかに開放的な状態です。実況ブースや巨大で古風なスコアボード、クレーンなどの上に立てば最高の見晴らしを確保できるでしょう。

また、建物内部および下部を囲む通路を通ると、アリーナの壁に空いた大きな穴があり、そこから貨物トラックでピッチ内に乗り入れることも可能です!

5. Salt Mine

Verdanskの北東に位置するこの一角は、採石場になる前は地域最大の岩塩鉱山として機能していました。

この広大なエリアには、2つの大きな入口(現代では封鎖)、多数の古い採掘用通路があり、岩だらけの山腹からは貯蔵池や工場を探索できます。

岩塩鉱山の上にある枯れた松の木のエリアは、下の様子を窺うのに最適な場所です。塩の化学反応によって赤色になったCrystalizing Poolsは、敵が流す血によってさらに濃い赤に変わっていくことでしょう。

6. Broadcast Tower(建設中)

市街地の最大の変化の1つは、このそびえ立つ放送局のビルです。

内部へのアクセスが容易になり、中にある吹き抜け階段を使って未完成のフロアが3つある最上階まで駆け上がれば、最高の見晴らしを楽しむことができ、長距離で敵を狙撃することもできます。

また、同じ高さに配置されているクレーンや、クレーンのアームから吊り下げられている不安定なコンテナに飛び移ったり、アセンダーを使って完成半ばの屋根に素早くアクセスしたり、高所での移動を楽しむことが可能です。

それらの上に立てば市街地のほぼ全域を見渡すことができますが、クレーンの存在や隠れ場所が少ないため、スナイパーが留まり続けて狙撃するのは少し難しいかもしれません。

7. 複数箇所における動線の改善

Verdansk全体に実装された変更の一部、たとえば道路沿いの特定の障害物の除去などは、すぐには気付かないものかもしれません。Broadcast Towerのそばに戦車が配置されていたのは覚えていますか? この戦車は1984年には存在しません。このような変更点がマップ中で見られます。

総じて、こういった小さな変更点はVerdanskでの(徒歩または乗物による)移動をより迅速かつ容易にするものであり、戦術に劇的な影響を与え得るものです。とは言え、隠れる場所はまだ残されています。 

8. Grid Radar Array

Grid Radar Arrayは、本アップデート最大の新ランドマークであり、見つけるのが最も簡単なロケーションと言えるでしょう。

WHPがキャンプを設置する以前のこの場所には、このOHT(超水平線)レーダー防衛システムが鎮座するレーダー基地がありました。ここには、12連のケージタワー、不安定な足場、多層階にアクセス可能な梯子、アセンダーが配置されており、敵には見つかりやすくはなりますが、最高の見晴らしを確保できます。

Verdansk中心部を見渡す必要があるなら、この新たな重要地点がオススメです… ただし、その場合は全方位に姿を晒すリスクを冒すことになります。

9. Old Mine

マップ北西の端に沿って位置しているのは、現代では深刻な荒廃状態にある旧鉱山の一帯です。

岩に囲まれたこの場所は、Gora Summitから来るオペレーターとの接近戦や奇襲の舞台となるでしょう。

また、内部にある鉱山施設は封鎖されています… 今のところは。

10. Superstore

思わず立ち寄りたくなるこの場所で、変わったのはレトロな外観だけではありません。

気付きにくい変更点が多いものの、それらはエリアの動線を大きく改善するものです。たとえば、屋根には天窓があり、そこを突き破り外からストアの中心部に一気に移動することができます。

棚の上にも上がることができるようになり、屋根の下には中央に冷蔵セクションが配置されています。また、受付エリアの南西端には新たに外窓が付けられ、建物を出入りする方法が大幅に変わりました。

ただし、開口部が増えた分、敵に見つかりやすくもなるので注意が必要です…

11. Factory

Superstoreのすぐ東に自動車販売店と水処理施設があったのを覚えていますか? 1984年当時、その場所には、駐機場、車両、航空機の部品… そして秘密が混在する航空機整備工場が建っていました。

この新エリアには、4つの大きな倉庫があります。その1つは、コックピット、胴体、エンジン部など、機体のほとんどを格納できるほどの大きさを誇ります。また、地下通路を通って別の倉庫に行けば、他にも航空機の様々な部品を見つけることができるでしょう。最大の倉庫には、足場を使って登ることのできる対の煙突が取り付けられています。外には大きな格納庫、多数の別棟、駐機している航空機、燃料塔と配管が配置されており、これらは全て登ることが可能です。

本アップデート後は、この場所がSuperstoreに代わって最も人気のある降下ロケーションになるかもしれません… 少なくともスクアッドにとっては、エリアでの戦闘が激化した場合のバックアップオプションとなるでしょう。

12. TV Station

1980年代ならではの内外装が特徴的なこの建物の屋上には衛星アンテナが設置されています。ここに登れば、Radar Arrayの上から攻撃を仕掛けてくる敵に対抗することができるはずです。

明らかな変更点とは対象的に、最も気付きにくい変更点の1つは、コンクリート壁の隙間付近の南側に沿って付けられた2つの窓でしょう。この窓によって、近くの通信塔のふもとにある購入ステーションとの間に新たなアクセスルートができ、動線が改善されました。

何らかの放送が今もここで行われていると報告されていますが… 今はそれを無視しておくのがベストでしょう。

13. 多様な動植物

春の到来によって様々な野花、牧草地、作物、その他の動植物が生息しており、激しい敵との戦闘に彩りを添えてくれます。

これらは、特に最新のコンソールやハードウェアでは非常に美しく表現されていますが、戦術的にどのような役割があるのでしょうか?葉が茂った樹木、長い草、その他の植物は全て、隠れ場所になってくれます。少なくとも、オープンエリアでいくらか視界を遮ってくれるでしょう。

14. 建設中のアパート

Barakett Promenadeでは、5階建てのアパートの1つがまだ完成しておらず、建設途中の部屋と廊下で構成される迷路のようになっています。

これらは、完成されたアパートが並んだマップと比べると戦闘に大きな変化が生じます。完成した建物と未完成の建物が乱立する、より非対称的なロケーションは、位置取りにおいて有利不利な状況が発生しやすくなっていると言えるでしょう。

15. 古かったものが新しく

Verdanskには、1984年当時の生活を再現するために、レトロな雰囲気を感じられるエリアがたくさんあります。その最たる例がNovi Grazna Hillsです。

現代のNovi Grazna Hillsは新たな住宅地の開発のために整備されています。しかし、それ以前のこの場所には何があったのでしょうか?

そこには草木が生い茂る高原に小さな農地がありました。具体的には、小さな風車、納屋、コテージが配置されており、新たな戦闘の舞台となっています。

16. Barakett Parkとオープンスペース

Barakett Promenadeは「少ないほど豊かである」という考え方がよく当てはまる場所で、建物をいくつか撤去したことで移動や戦闘におけるゲームの流れが改善されました。

観覧車の北にある図書館はまだ建設されておらず、その空地は楽しいレクリエーションエリアになっています。

また、遊歩道に沿った西側にある学校に隣接するマーケットは、ここでは駐車場となっており、並行して走る道路の間にある西側全体が樹木、テーブル、噴水、橋などが立ち並ぶ公園になっています。ただし、これらの景色に見とれている暇はありません… あなたの目的は勝利することなのですから!

17. お馴染みのロケーションの新たな内装と外装

Verdansk中の全ての警察署内では門戸開放政策が実施されており、2階のオフィスにアクセスできるようになっています(窓からの射撃も可能)。したがって、出入りの選択肢が増え、以前から慣れ親しんでいるエリア(Airport Maintenanceなど)も見渡せるようになりました。

同様に、各消防署の外装も新しくなり(塔に隣接)、低層の屋根へのアクセスが可能になりました。機敏なプレイヤーは、パルクールができる場所から2階内部にアクセスすることもできます。

他にも、市街地の建物や一部の共同住宅(Lozoff Passにある新築マンションなど)の吹き抜け階段の窓が新たにアクセス可能になっているなど、マップ全体に小規模な変更が施されています。

18. Krovnik FarmlandのStandoff

Krovnik Farmlandには野菜市場の倉庫、給水塔、小さなガソリンスタンド、その他の建物に囲まれた半球形の屋根が特徴的なTown Hallが建っています。

人気マップ「Standoff」を再現したこの場所には、中央に複数の内窓が配置された探索可能な建造物があり、様々な射線やルートを模索することが可能です。

19. 争いは避けられない: Standoff – 強制収容所版

Standoffと言えば、Verdanskの強制収容所に来たる作戦のための新たな「練習コース」が登場します。

緊迫した1対1の決闘を繰り広げるStandoffの「メインストリート」では、木製の仕切りが設置されており、これはBlack Ops Cold Warのシーズン3後半にも登場予定です。

この新たな強制収容所での戦闘に関する詳細は、アップデートされた戦略ガイドをご覧ください。

20. ハッチとバンカー

この時代にSpomenik(記念碑)はありませんが、代わりに2021年のオペレーターならよく知っている巨大なハッチがあります。

1984年でも中に入ることができるのでしょうか?Verdansk最大の秘密を抱える場所はどうなったのでしょうか?新たな秘密が明らかになるのでしょうか?

残念ながら現時点では封鎖されており、バンカーや他の秘密のエリアとどのようにインタラクトできるかは明言できませんが、Black Ops Cold Warのシーズンが進む中で様々なサプライズが展開されるでしょう。

Warzoneにおけるシーズン3: オペレーター、武器、その他

80年代から着想を得て生まれ変わったVerdanskに加え、Warzoneのシーズン3では、新武器のSMG「PPSh-41」やスナイパーライフル「Swiss K31」、ペルセウス側の邪悪な兵士である新オペレーター「レイス」と「ナイト」など、Black Ops Cold Warから様々なコンテンツが追加されます。

WarzoneおよびBlack Ops Cold Warのシーズン3の全容は、こちらからご確認いただけます。

以上のアップデートに加え、Warzoneのシーズン3では以下のパッチノートも公開されます:

NVDIA GeForcce RTXグラフィックカードをお持ちのプレイヤーは、新たに利用可能になったNVDIA DLSSを有効化することで、パフォーマンスの向上および、より高品質な解像度とグラフィック設定でのプレイが可能になりました。

新武器の追加に加え、FFAR1、M16、TR Charlie、ハンドガン「Sykov」をはじめとする一部の既存武器に大きな変更が加えられています。さらに、ローズのスキンもより見やすく調整され、セムテックスはプレイヤーに貼り付くとプレイヤーがダウンする仕様に変更されました。

詳細を記したパッチノート全文は、こちらをクリックしてご覧ください。

また、今シーズンおよび今後用意しているサプライズはまだまだありますので、どうぞお楽しみに! それではオペレーターの皆さん、Verdanskでお会いしましょう。

ぜひこの任務に参加してください。

Call of Duty®: Warzone™の詳しい情報につきましては、www.callofduty.comwww.youtube.com/callofdutyをご覧いただくか、Twitter、Instagram、Facebookで@RavenSoftware、@CallofDutyをフォローしてください。

© 2021 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION、CALL OF DUTY、CALL OF DUTY BLACK OPS、CALL OF DUTY WARZONE、MODERN WARFARE、WARZONEはActivision Publishing, Inc.の商標です。

Activision製品に関するより詳しい情報は、Twitter Facebook、 Instagramで@Activisionをフォロー。

ソフトウェアライセンスとサービス契約が更新されます。変更内容を確認するには、こちらのリンク [https://www.activision.com/ja/legal/ap-eula] をクリックしてください。

+